FOLLOW US

UPDATE|2021/06/20

新庄剛志を三振に、芸能界最速野球女子・椿梨央が語る「野球漬けの学生時代とストイックすぎるプライベート」

撮影/松山勇樹

「野球女子」とひとくちに言っても、そのジャンルは多岐にわたる。プレーする人、観るのが好きな人、伝える人と、専門性もさまざまだ。そこで今回は、それぞれの分野を代表する「野球女子」たちを緊急招集。第1弾として、プロ野球始球式での「芸能界女子最速」を目指す、“選手兼モデル”椿梨央さんに話を聞いた(3人連載の1人目/前編)。

【写真】小・中・高、そして現在、ユニフォーム姿の椿梨央

――少し前に、人気のYouTubeチャンネル『クニヨシTV』で出した107km/hが「女性芸能人最速」とスポーツ紙を賑わせました。

椿 そうですね。「野球女子」を自称してるからには、本気でやりたいですし、そのなかでの一番は目指したい。じゃあ、なにをもって一番なんだろうって考えたら、そこはやっぱり球速しかないのかな、と。ただ、一球勝負の始球式とYouTubeでは条件もまったく違いますし、コメント欄とかにもあった「本当の記録更新じゃない」っていう意見は、自分でもその通りだと思ってます。だから、とにかく今は早く始球式に呼ばれたい(笑)。そこでしっかり稲村(亜美)さんの103km/h超えを達成して、「どうだ!」って言いたいなって。(※動画は記事の最後に)

──そもそもプレーヤーとして野球を始めたのはいつ頃から?

椿 本格的にチームに入ったのは小学校4年生のときですけど、年の離れた兄と姉がいるので、生まれたときから、家には用具も一式そろっていて。物心ついたときにはもう、野球一色って感じの環境だったんです。当時はまだ、チームにも女子は私ひとり。まわりの男の子からは、からかわれたりすることもありましたけど、その頃は身長も私のほうが大きかったですし、ぜんぶ実力で黙らせてたって感じです(笑)。私、こう見えて、小・中とずっと4番を張ってたので。

――女の子だと思ってナメていたら、相手が痛い目に合う、と。とはいえ、いくら男子と同等のプレーができても、女子選手には「高校に行ったら甲子園に行く」といった道はないわけですよね?

椿 中学のときから部活と女子野球の両立をずっとしていたのもあって、高校の部活は、女子野球の大会のための体力作り、っていう感覚でやってました。女子野球は、上は50代とかまで全然いて年齢層も幅広いので、活動できるのは基本的に土日だけ。なので土日は、午前中に部活をして、午後から女子野球って感じで、一日中、野球漬けでした。それに男の人と同じ練習をしてると、やっぱり力のつき方も違うんですよね。その頃は「女子プロ野球に入る」っていうのを目標にしていたので、軟式の女子野球とは別に、硬式にも馴れておきたいっていうのもありましたし。

――でも結局、女子プロ野球には進まなかった。それはまたどうして?

椿 高校3年生になったらトライアウトを受けるつもりでいたんですけど、硬式と軟式を並行してやっていた影響もあって、2年のときに肩を壊しちゃったんです。手術しようかとも思ったんですけど、「いや、でも嫁入り前だしな」って(笑)。女子野球では、2017年に全国優勝も達成できましたし、たとえ違う環境に進んだとしても、野球はやれる。で、地元でスポーツインストラクターとして働きながらお金を貯めて、昔から憧れもあった芸能活動のために上京することにしたんです。ちっちゃい頃から目立ちたがり屋だったし、モデル業はコンプレックスの高身長を活かせる仕事でもあったので。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事