FOLLOW US

UPDATE|2019/05/02

松村香織ラストインタビュー「SKE48で1番嬉しかった瞬間と悔しかった瞬間」

松村香織

本日2日(木)に、約9年半在籍したSKE48から卒業する松村香織。キャバクラやメイド喫茶でアルバイトをしていた過去、SKE48終身名誉研究生就任、異例のソロデビュー、アイドルらしからぬ抜け毛の悩みを告白……と、何から何まで規格外のアイドルだった松村が、卒業直前にアイドル人生を振り返りる。


──卒業を控えた松村さん。今回でSKE48のメンバーとしてインタビューするのは最後ということになります。

松村 もうインタビューのオファーは来ないと思っていたから……。何だかんだで『月刊エンタメ』さんはいつも取材してくださるからうれしいです!

──松村さんは、SKE48に入って10年近くなりますが、加入当時のことは覚えてますか?

松村 加入当時ですか……。仕事も少なくて暇でした(笑)。

──でも、月1回のSKE48のモバイルのブログをしっかり更新していたじゃないですか。

松村 でも、本当それだけ(笑)。毎日本当暇でしたよ!

──ちなみに毎日、何をしていたんですか?

松村 1人でパンを作ってました。

──(笑)。

松村 一緒に住んでいたきんちゃん(金子栞)は選抜で忙しくしていたから、私は基本1人でした……。よく(出口)陽さんが泊まりに来ていましたけど。

──レッスンは?

松村 あまり行ってなかったです。

──えっ!?

松村 覚えなきゃいけないことは覚えていたけど、レッスン場に行くことがストレスだった(笑)。

──どうしてですか!?

松村 当時、事務所がワンフロアで、入り口に絶対、支配人の湯浅(洋)さんとかがいたんですよ。あの頃、大人の人が怖かったので会いたくなくって。

──でも、どうしても行かなきゃいけないときもありますよね?

松村 はい。そういうときは、レッスン場に入る姿を大人たちに見られないように、かがんでサッと入っていました(笑)。それは私だけじゃなくて他の研究生たちもしていたから!

──そこまで苦痛でしたか……。

松村 だってあの頃の湯浅さんは一部のメンバーにとっては、レッスン場の恐ろしい門番みたいな人でした!

──今はどうですか?

松村 今は全然怖くないです(笑)。いいおじさんって感じ。仲もいいです。

CREDIT

取材・文/林将勝 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事