FOLLOW US

UPDATE|2019/05/20

“世界基準美少女”三品瑠香1st写真集イベント「女の子にとって大事な17歳の一年間を詰め込んだ」

19日(日)に開催された三品瑠香写真集発売イベント

アイドルグループ「わーすた」の三品瑠香が19日(日)に1st写真集『EPHEMERAL』の発売記念握手会を福家書店新宿サブナード店にて開催した。



東京とグアムで合わせて5日間行われた今回の写真集撮影。制服姿で行われた東京の撮影を「高校生になったらやりたいなと憧れていた、帰りの寄り道とか、カラオケに行くとか、そういうことが現役の中ではできなかったので、写真集の撮影でそれができて、素の自分で楽しめた」と振り返り、グアムでの4日間の撮影については「着た衣装の数も多かったので、ゆっくりとはできなかったですが、いろんな時間を過ごせて、全てが貴重な瞬間だった」と語った。

出来上がった写真集を最初に見せたのはお母さん。「私が写真集を出したいと思っていたことも知ってくれていたので、写真集が決まった時に最初に報告したのもお母さんで、一緒に喜んでくれました」と語り、わーすたメンバーの写真集の感想について聞かれると、「小玉梨々華はいろんなページを『きゃーきゃー』言いながら見て、『見てはいけないものを見てしまった』って言ってました」と笑顔で話した。

写真集のタイトルは「儚い(はかない)」という意味の英語『EPHEMERAL』。三品自身が検索して見つけた言葉らしく、「EPHEMERALには儚いの他に束の間という意味もあって。写真集を17歳のうちに出したかったのですが、女の子にとって17歳というのは大事な一年で、本当にあっという間に過ぎた一年だったので、その束の間だった時間をこの残した写真集ということでこのタイトルにしました」とタイトルに込めた思いを語った。

水着に初挑戦した感想を聞かれると、「最初はとまどいもありましたし、葛藤もあったんですが、やるとなったら全力でやろうと思いました。くびれを作りたくて、撮影までずっと体をひねってクネクネしてました」と可愛らしい努力を振り返った。

また、写真集にはスペシャルゲストとして同じグループの小玉梨々華も登場している。「制服のカットはほぼ一緒に写っています。梨々華は同い年で、わーすたができる前のストリート生時代から仲が良くて、一緒に過ごす時間がメンバーの中でも特に多いんです。私が飾らない自分でいられる子なので、一緒にいたら素の表情が撮ってもらえるんじゃないかと思い参加してもらった」とその理由を語った。

写真集発売日である17日(金)にはわーすたメンバーからサプライズでお祝いのケーキと花をもらい、思わず号泣したという三品。「一人の仕事の時は他のメンバーのことが気になってしまうんですが、それでもこうやって私一人の仕事を祝ってくれたことが本当に嬉しくて。考えてもなかったことなのですぐに涙が出ちゃいました」とメンバーへの感謝を語った。

最後は「写真集は17歳の私のここまでの証明。これまでの自分がどうだったか、三品瑠香がこれからどうなれるかを見てもらえる一冊だと思うので、ぜひ手に取っていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします」と写真集をアピールし会見を締めた。

三品
▽三品瑠香 1st写真集『EPHEMERAL』

発売日:2019年5月17日(金)
定価:本体2,500円+税
撮影:田口まき
発売元:株式会社徳間書店

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事