FOLLOW US

UPDATE|2019/07/18

元SKE48 柴田阿弥「自分を守るのは知識」キャスターに転身して気が付いたこと

柴田阿弥 撮影/松山勇樹

山里亮太&蒼井優の結婚会見を全編ノーカットで最速放送するなど、地上波ではできないことに果敢に挑戦し続けるインターネットテレビ局“AbemaTV”。ニュースキャスターやアナウンサーも、さまざまな経歴を持っているバラエティに富んだ顔ぶれが揃う。今回は、元SKE48の柴田阿弥が、アイドルから転向しキャスターとして感じることを聞いた。


──SKE48時代にリポーターの仕事もしていましたが、当時からキャスターに興味はあったんですか?

柴田 SKE48時代に『ゴゴスマ』や名古屋の地方局でリポーターをやらせていただいて、こういうお仕事も楽しいなという気持ちはありました。ただ将来、キャスターになりたいとは考えていなかったです。もともとタレント志望で、「リポーターの仕事もやってみたいんですよね」というお話をしたときに、セント・フォースを紹介されたんです。

──アイドル活動がキャスター業に生かされているところはあります?

柴田 生放送で緊急事態があっても慌てないのは、アイドル時代の経験が活きているのかもしれません。あと体力はありますね。

──生放送の緊張感はすごそうですけどね。

柴田 1人でやっているので責任感は大きいですけど、あまり緊張は感じなくて、むしろ楽しいです。

──地上波でも番組レギュラーを持っていますが、AbemaTVならではの特徴はありますか?

柴田 地上波は尺がキッチリ決まっているので、喋るタイミングがなかったり、自分の意見が巻きになったりすることがあるんです。コメンテーターの方もいるので、私が割り込む訳にもいかないですからね。そういうときは上手く自分の気持ちを伝えられないなって思うこともあります。でも『けやきヒルズ』では時間をもらえるので、思うことがあれば言えるし、コメンテーターの方の意見もゆっくり聞けますね。

──自分の意見を言うのはSKE48の頃から得意な方でしたか?

柴田 むしろ苦手でした。アイドル時代はニュースも見ていなかったですし、政治的意見を言うのも良しとされていなかったし、そもそも求められていなかったですからね。AbemaTVの番組に携わるようになってから、スタッフさんに「1つひとつの意見を伝えた方がいい」とか「当たり障りのない意見だけだと出演する意味がない」とアドバイスをいただいて、徐々に意識が変わって、自分の意見も言えるようになりました。今もまとめるのは下手だし、まだまだですけどね。

──好きなテレビ番組も変化したんじゃないですか?

柴田 変わらずバラエティは好きなんですけど、ニュース番組を見るようになりましたし、コメンテーターさんの意見も言葉遣いなども含めて意識するようになりましたね。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事