FOLLOW US

UPDATE|2019/08/06

SKE48が「TIF2019」に登場 “全部吐き出す”セクシー&クールダンスで観客を圧倒【写真17点】

(C) 2019 Zest,Inc.

SKE48がお台場・青海周辺エリアにて開催された国内最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」のステージに登場した。


8月2日(金)から4日(日)にかけて開催されたTIF2019。SKE48は最終日4日(日)に、メインステージ「HOT STAGE」に登場した。

「SKE48」のOvertureが終わり、ステージが明るくなると、そこには古畑奈和を先頭に、三角形のフォーメーションでしゃがんだメンバー16人の姿が。1曲目は7月に発売されたばかりの最新シングル『FRUSTRATION』だ。

セクシーかつクールなダンスが話題となっている曲で、後のMCで須田亜香里が明かしたところによると、Youtubeで公開されたDance Practice ver.の再生回数が、MVの再生回数を超えたという。「騒げ」「バカになれ」「踊れ」「全部吐き出せ」、夏フェスにぴったりな歌詞で会場の熱量を上げていく。

2曲目は『青空片想い』。まっすぐな恋心を歌った2010年発売の2ndシングル。イントロにのせて、古畑奈和が叫ぶ。「みなさーん、SKE48です。この時間だけは私たちに心をください!」。可愛らしい歌詞ながら、振りの激しさはSKE48ならでは。2曲でメンバーは早くも汗だくだ。もちろんここで手を緩めることのないのがSKE48。3曲目『Gonna Jump』では、熊崎晴香がちぎれんばかりに腕を振り回す。

4曲目は『手をつなぎながら』。SKE48初めてのオリジナル公演の楽曲であり、ナゴヤドームや豊田スタジアムなど大きなコンサートでもアンコールで歌われることが多い名曲だ。TIFでの披露は5年目の出場にしてこれが初めて。観客はイントロから大歓声で迎える。

ここでやっとMCの時間がやってくる。古畑の「みなさーん、こんにちは!」に合わせて、メンバー全員で「SKE48です!」と挨拶して頭を下げる。その間も、メンバーも観客も息を整えている。まだ4曲しかやっていないとは思えないエネルギー消費量。だが、もちろんライブはこれからだ。メンバーの自己紹介はなしですぐに次の曲へ。
SKE48

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事