FOLLOW US

UPDATE|2019/08/25

AKB48アジア7グループが上海でフェス開催、向井地美音「メンバー同士の絆も深まった」【写真12点】

(C)AKS

8月24日(土)、上海の「国家会展中心虹館」にて、今年1月のバンコクに続いて2度目の開催となる、AKB48と海外6グループが一堂に会する「AKB48 Gropu Asia Festival 2019 in SHNAGHAI」が開催され、日本からは岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、倉野尾成美、谷口めぐ、向井地美音、武藤十夢、横山由依の8人が参加した。



アジアフェス上海は2部構成となっており、第1部ではミニコンサートをメインとしたファンミーティングが行われ、各グループのパフォーマンスに加え、ゲームコーナーやファンへのプレゼントコーナーなどの企画も実施された。第1部終了後にはAKB48グループのコンセプトでもある“会いに行けるアイドル”としてハイタッチ会も開催され、ファンとの交流を深めた。

第2部のジョイントコンサートは、総勢64名のメンバーによる「AKB参上」で幕を開け、お馴染みのAKB48のシングル表題曲からユニット曲まで計27曲が披露され、アンコールでは各地で社会現象となっている「恋するフォーチュンクッキー」を全員で披露し、コンサートは最高潮を迎えた。

AKB48グループ総監督の向井地美音は、「第1部では各グループの個性あふれるパフォーマンス、第2部ではここでしか見られないコラボレーションやWRD48(ワールドフォーティエイト)選抜のお披露目など、見どころ満載のコンサートになったと思います。メンバー同士の絆もさらに深まり、私たちもとても楽しい時間を過ごすことができました。またこうして世界中の仲間たちとコンサートができるよう、明日からまたそれぞれの場所で頑張りたいと思います」と語った。

▽AKB48 Gropu Asia Festival 2019 in SHNAGHAI
開催日時:2019年8月24日(土)
会場:国家会展中心 虹館(上海)
出演:AKB48 7グループ(AKB48/JKT48/BNK48/MNL48/Team SH/Team TP/SGO48)
来場者数:1・2部公演 計 約10,000人

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事