FOLLOW US

UPDATE|2019/03/03

横山由依&阿部マリア「アイドル海外移住の楽しさと難しさ」『AKB48 SHOW!』今夜放送

横山由依 阿部マリア

本日3月3日(日)22時50分からBSプレミアムにて放送される『AKB48 SHOW!』。番組の人気コーナー『横山総監督のはんなり相談室』には、昨年、台北拠点のAKB48 Team TPに移籍した阿部マリアが一時帰国して出演する。プライベートでも仲が良く、食事に行ってもずっとAKB48の話をしているという2人。収録直後に、「AKB48のグローバル化」「アイドルとして海外移住」をテーマに話を聞いた。


──1月27日にバンコクで行われたAKB48の海外姉妹グループが集結したアジアフェスティバルは日本でも生中継され、大盛況のうちに終わりました。それぞれの立場でフェスに出演した感想を聞かせてください。

阿部 AKB48 Team TPとしてあんなに大きい会場でライブをすることが初めてだったので、みんな本当に緊張しちゃって。そこは私が冷静にどーんと構えるしかないと思って、「大丈夫、私たちは1カ月以上ずっと練習してきたよ。絶対に大丈夫。楽しもう」って声をかけました。よく考えたら私9年目なんですけど、こういう気持ちでステージに上がることが最近なかったから、「そうだよね、初めてってこうだったよね」って思いながら、私も新人の気持ちで踊りました。

横山 私は海外のフェスに出させていただいたことはあったんですけど、AKB48在籍10年目で、グループが勢ぞろいしてコンサートを海外でやらせていただくのは初めてなので、今までに感じたことのない空気を感じました。ファンの方がすごく熱くて、まっすぐな気持ちで一緒に声を出して盛り上がってくださったことに感動しました。BNK48のメンバーが『恋するフォーチュンクッキー』などAKB48の楽曲をさらに広めてくれましたし、姉妹グループのみんなのおかげでこのステージに立てているんだなと感じました。

──全アジアの48グループと一緒に踊るときにはどういう気持ちになりますか?

阿部 それぞれ個性がありますよね。『会いたかった』の曲1つでも、MNL48、JKT48の「セクシー大人会いたかった」もあれば、私たちTeam TP、AKB48 Team SH、SGO48の「新人ピュアフレッシュ会いたかった」のところ、そして本家AKB48と、みんな全然違いました。それぞれ歌っている言葉は違うけど振り付けは同じなんです。それがすごく不思議な感じというか、感動したというか。

CREDIT

撮影/武田敏将 取材・文/岡田隆志(スクランブルエッグ)

RECOMMENDED おすすめの記事