FOLLOW US

UPDATE|2019/11/08

NMB48の注目研究生・菖蒲まりん「今では大阪弁が移っちゃうくらい、楽しく過ごしています」

菖蒲まりん 撮影/岡本武志

2018年7月に加入したNMB48の6期生。グラビアで鮮烈な印象を残した横野すみれなど、逸材揃いと話題の彼女たちの中で、次なる注目株として話題なのが菖蒲まりんだ。「月刊エンタメ」グラビア撮影時に収録したインタビューをグラビアカットとともに公開する。


     *    *    *

──初めての水着グラビアでした。

菖蒲 今まで水着をあまり着たことがなかったので、少し抵抗があったんですけど、撮影が始まったら、すごく楽しいな~って思いました。第一印象が怖そうと言われたり、キツく見られがちだったりするので、今日の可愛い感じに撮っていただいたのを見てもらって、私の新たな一面を知ってもらえたらいいなと思います(笑)!

──もともとアイドルになろうと思ったきっかけは?

菖蒲 小さい頃からクラシックバレエやダンスを習っていたこともあって、人前に出ることがすごい好きだったんです。で、バレエ以外で人に見てもらえて、歌も歌えるお仕事を考えたら、アイドルが夢を叶えるのに一番近いんじゃないかなと思って。中学2年のときにAKB48さんのオーディションを受けてから本気でアイドルになろうと思いました。

CREDIT

撮影/岡本武志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事