FOLLOW US

UPDATE|2019/12/03

『週刊プレイボーイ』ゼロイチジャック号、霜月めあ&藤田いろは競泳水着アザーカットが公開

左から霜月めあ、藤田いろは (c)藤本和典/週刊プレイボーイ

芸能事務所ゼロイチファミリア所属のタレントで全ページを飾る『週刊プレイボーイ』(集英社)“ゼロイチジャック号”が2日(月)に発売。表紙は来年3月末での引退を発表している川崎あやが飾り、黒木ひかり、桃月なしこ、十味、林ゆめなど11名が登場している。



コスプレイヤーとしても活躍中の霜月めあは、今回が初の雑誌の撮り下ろしとなる藤田いろはとペアグラビアで登場。2人のアザーカットとインタビューが到着した。(アザーカットはこちらから)

同じ事務所ながらこれまでほとんど接点がなかったという2人。「今回の撮影でちゃんとお話できました」という霜月は出来上がった誌面について「私、黒いですね(笑)。清楚系いろはちゃんとの対比がすごい出てるなぁと思いました。イメチェンしてからの初の撮り下ろしなので、今までの私とは違ったギャルっぽい新鮮さを楽しんでいただけたらと思います」とコメント。

一方の藤田は初の撮り下ろしに「私は今年の目標が雑誌の撮り下ろし掲載だったので、ゼロイチジャック号で『週刊プレイボーイ』さんに載せて頂けてとても嬉しいです。しかも撮影した日が私の誕生日前日だったので、神様からの最高な誕生日プレゼントをいただいた気持ちでした(笑)」とその喜びを語った。

撮影は競泳水着のシーンからスタートしたらしく、藤田は「撮影した場所は川崎あやさんの初めての表紙の撮影場所だったらしくて、私にとっての初撮り下ろしの初撮影の場所が同じってなんだか感慨深かったです。勝手に運命感じちゃいました(笑)」と笑顔で振り返った。

最後に読者へのコメントを求められた2人は、それぞれ「いつも応援ありがとうございます! 1年ぶりにまた週プレさんに出れてとても嬉しいです。まためあちゃんの写真が見たいと思ってもらえるよう今後も頑張っていきたいと思います! ぜひアンケートなどもよろしくお願いします!」(霜月)、「はじめまして藤田いろはです。いつも応援してくださるファンの方々のおかげで目標を叶えることができました! 本当に本当にありがとうございます。私にはたくさんの夢があります。これからもみんなと一緒に叶えていきたいので、応援よろしくお願いします!」(藤田)と語ってくれた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事