FOLLOW US

UPDATE|2020/04/03

ラストアイドル「選抜落ちしたメンバーの涙、その気持を踏みにじることはできない」

左から大森莉緒、間島和奏、阿部菜々実、長月翠、安田愛里 撮影/松山勇樹

4月15日(水)に8thシングル『愛を知る』を発売するラストアイドル。表題曲を歌うのは、立候補制のオーディションバトルを勝ち抜いた上位18名。そもそも番組のスタートがオーディションバトルだった彼女たちにとって原点回帰のシングルとも言える。

オーディションは、ダンス・歌唱・一言パフォーマンスの3部門で行われ、審査委員長の吉田豪や大森靖子をはじめとする有識者、メディア関係者及びラストアイドルスタッフ総勢19名の審査員が3つの部門を総合して10点満点で採点。全41人の立候補者が 血で血を争うバトルを展開した。

その結果、選ばれた18人の中から、今回は阿部菜々実(1位)、長月翠(2位)、間島和奏(3位)、安田愛里(4位)、大森莉緒(5位)に登場してもらった。久しぶりのシングルオーディションバトルを戦ったそれぞれの思惑、そして結果が出たときの率直な思いを聞いた。(3回連載の1回目)

【写真】メンバーのソロカット

     *     *     *

──今回は8thシングル『愛を知る』選抜メンバーの上位5人にご登場いただきました。ラストアイドルにとっては久しぶりのバトルでしたが、どうでした?

間島 どうかと聞かれたら、嫌でした……。確かにラストアイドルは初期から内輪でバチバチ戦ってきましたけど、去年くらいから「みんなで力を合わせ、1つのものを作ろうぜ!」という方向に変わってきたんですね。集団行動のダンスを全員で揃えたりもしましたし。それなのに再びバトルをやることになって……。今回のオーディションバトルってメンバーの序列がつけられるわけじゃないですか。

──とはいえ、この5人が選ばれた結果に関しては、わりと順当だとファンからも目されていたのでは?

安田 いやいや、とんでもない! そんなこと、少なくてもメンバーは誰も考えていませんでした!

──では、ここで目をつぶって下を向いてください。「正直、自分は18人の中に入ると思っていた」。そう考えていた方だけ挙手をお願いします。

(※阿部長月が、そっと手を挙げる)

──非常に興味深い結果が出ました。少なくても安田さんが言うように「誰も考えていない」わけではなかったようです(笑)。

間島 私が見ている限り、世の中で売れているアイドルさんって、みんなメンバー仲がいいんですよ。それなのにラストアイドルの場合、わざわざ内部でバチバチさせるわけじゃないですか。もちろんラストアイドルだって普段は仲がいいんですよ。

大森 心境的には複雑でしたね。私の場合、「バトルをやりたい」という気持ちも結構あったんです。自分の実力がどれほどのものなのか、そこは知りたいとも思いましたし。これは自分にとって大きなチャンスなんだと位置づけていました。

──今回の順位は一般からの投票ではなく、有識者などの審査員によって決められました。人気投票ではなく、純然たる実力査定ということでよろしいんですか? つまり1位の阿部さんから順に歌とダンスが上手いということになる?

長月 必ずしもそういうわけではないんです。審査委員長の吉田豪さんも、最初は歌とダンスだけで評価するつもりだったらしいんですよ。だけどバトルが進んでいくと、それだけではない要素もいろいろ出てきて。例えば「歌もダンスも決して上手ではないけど、どうしても存在が気になる」……そういう子も中にはいるわけですね。だからこの順位は「実力プラスアルファ」だと私たちは捉えています。実際は歌やダンス以外のオーラ的な部分が大きく左右したんじゃないかな。

──そういったオーラ的な部分が抜群だったから、長月さんは2位に輝いたわけですか。

長月 そういう意味ではないですが(苦笑)。

安田 私もこのオーディションバトルは抵抗がありました。そもそも出るかどうか最後まで悩んでいたんですよ。根本的な話として、2年間アイドルをやっている中で「私って芸能人に向いていないんじゃないかな?」と疑問を持つようになったんです。これは「自分に自信がない」という話ではなくて、自分のことを客観視しているからこそ出る考えなのですが。

AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事