FOLLOW US

UPDATE|2020/06/10

リモート演劇出演が話題のHKT48田島芽瑠(後編)「今こそ、エンタメの力を見せたい」

リモート演劇公演に出演したHKT48田島芽瑠

HKT48の田島芽瑠が、Web会議アプリのZoomを使って演劇を生配信した劇団ノーミーツの演劇長編作品『門外不出モラトリアム』に出演し、その好演が話題になった。自粛期間中の新しい試みにどんな手応えを感じたのか、また厳しい状況が続く今、現役アイドルとして何を思うのか…。リモートインタビューで「今の気持ち」をたっぷりと語ってもらった。

前編はこちら

【写真】HKT48田島芽瑠が出演したリモート公演『劇団ノーミーツ』

劇場に行かずに自宅で演劇を観る、という新しい行為。ここ何カ月かでZoomを使っての会議や会話がすっかり「日常」のものとなっていたからか、思っていた以上に物語に没入できたのは見る側にとっても新しい発見。田島芽瑠は「新しいジャンルができた」と語る。

「なにが違うって、すべての人が『一番前の列の真ん中の席』で観られることだと思うんですよ。周囲のお客さんが気になることもないし、自分の部屋のリラックスできる空間で視聴できるのに『一番前の列の真ん中の席』なんですから。あと劇場では当たり前ですけど、ケータイは禁止じゃないですか? でも、リモート演劇なら、そのあたりも自由なんです。マイは裏設定として『インスタグラマー』にしていたんですけど、公演中にインスタを更新するシーンがあると、実際に私のインスタのストーリーが更新されるんです。劇場だったらスマホを出すわけにはいかないけれど、リモート演劇だったら、お客さんもインスタをその場でチェックできる。そういう面白さや可能性はまだまだ広がっていくと思います」(田島)

たしかにスマホで観劇している人もいるリモート演劇だから「スマホ禁止」にはできるはずもない。ちなみに今回の舞台とは関係ないが、最近、田島芽瑠がSNSで公開したコスプレ姿がネットニュースで取り上げられる機会がものすごく増えた。

AUTHOR

小島 和宏

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事