FOLLOW US

UPDATE|2020/08/01

今こそFODでイッキ見! 乃木坂46によるオムニバスドラマ集『乃木坂シネマズ』の名作5選

『乃木坂シネマズ~STORY of 46~』



●念願かなった堀未央奈、アクションドラマで躍動
第6話「納品ウォーズ」

主演は堀未央奈、監督は曽根隼人。タイラたちは今夜放送のテレビ番組のテープを納品しようとするも、何者かにテープを奪われてしまう。頭を抱える彼らの前に時給6,000円のスーパーAD・凛子(堀)が現れ、刺客たちを倒していく……。

もともとアクション作品に出演するのが念願だった堀だけあって、本作の見どころはもちろん彼女のアクションシーン。撮影の1~2カ月前から練習に取り組んでいたそうで、刺客とのバトルなど勇ましい堀の姿が満載です。もっとも物語の世界観はシュールなのですが、唐突なストーリー展開やキャラクターも含めて堀のイメージにぴったりな作品ではないでしょうか。

●生田絵梨花の狂気を「シュール」で片付けるのはもったいない
第8話「ツダモモエ」

主演は生田絵梨花、監督は山岸聖太。銀行員として働くツダモモエ(生田)は、採用試験時の面接官の男性に一目ぼれ。そして、「誕生日には好きな人と海へ行きたい」という夢をかなえるためにあらゆる手段を駆使。波乱の誕生日が幕を開ける……。

強烈なインパクトを残した『逃げ水』や『別れ際、もっと好きになる』(大量のナンが降ってくるアレ)といった乃木坂46のMVを手掛けた山岸監督の作品だけあって、終始ブッ飛んでいます。ただ、生田が演じたツダという女の子も狂気じみてはいますが、これまでバラエティ番組で見せてきた生田の言動を考えれば意外と違和感がなかったので、筆者としては視聴後不思議な感覚に陥りました。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事