FOLLOW US

UPDATE|2020/08/20

“バズり女王”AKB48・柏木由紀がYouTubeを語る「アイドルファン以外にも、伝えたいことがダイレクトに伝わる」

AKB48柏木由紀 撮影/荻原大志

最近YouTuberとしても活躍中のAKB48の柏木由紀。自身のチャンネル「ゆきりんワールド」で配信されている牛丼やカレーをただ食べるだけという配信や、コンプレックスを解消するメイク動画がバズリまくりの中、この先どんな動画を配信していくのか…展望を語ってもらいました!

【関連写真】ドレスからのぞく生脚にドキリ、柏木由紀大人なセクシーショット

——YouTubeを始めてみたい気持ちはあった?

柏木 半々くらいでした。気にはなっていたけど、数字になってしまうのが怖くて。登録者数と再生回数が出てしまうじゃないですか。だけど、今回の取り組みは個人としてというよりは、AKB48として始めるものなので、だったらグループのためにも始めてみようと背中を押してもらった感じです。

——結果、やってよかったですか?

柏木 はい! 1000%! なぜYouTubeに興味があったかというと、AKB48としてテレビに出演させていただく機会は歌番組が多いんですが、大人数の中だとアップにしていただけるのは3秒くらいだし、トークで個人をピックアップしていただけることもなかなかないので、歌番組だけでは自分の中身までちゃんと知ってもらえないというモヤモヤがあったんです。それに、「アイドルっぽい」とか「静かそう」というイメージで見られることが多くて。私、全然そんな人間じゃないのに(笑)。本当はよくしゃべるし、サバサバした性格で。それが伝わったらいいなぁという思いがあったところでYouTubeを始めたら、思いのほか早く自分の中身を知っていただけました。

——ですよね。牛丼を食べるだけの動画が話題になりましたが、牛丼がそんなに好きだったとは……。

柏木 普段から食べてますからね。今までに30本くらいの動画を上げていますけど、普段からやっていることばかりで、YouTubeのためにやっていることはないです。

——反応がいい動画は?

柏木 ダンス動画です。ダンスに自信があるわけじゃないのに、「こんなに再生されるの?」っていうくらい再生されていて。歌番組では3秒だけど、YouTubeなら1曲全部自分しか映らないから、見ている方にとっても新鮮だったんでしょうね。「こんなにちゃんと見たことなかった」「だてに長くやってないね」とお褒めの言葉をいただきました。

——「だてに~」は褒めてるのかどうか分かりませんけど(笑)。

柏木 それも、ファン以外の方からの反応が多かったことに驚きました。次に驚いたのが、メイク動画を上げたときでした。私は女子の憧れの対象ではないことは分かっているので(笑)、コンプレックスを隠すメイク動画をやってみたんです。自分のコンプレックスを話してから、こうやって努力しているんですって話したら、「勇気をもらいました!」とか「すみません、整形だと思ってました」とか反響が大きくて(笑)。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事