FOLLOW US

UPDATE|2020/08/17

NMB48吉田朱里が卒業発表、スピーチ全文を公開「憧れの女性と言ってもらえるように」

吉田朱里 (C)NMB48

NMB48の吉田朱里が16日(日)、生配信「アカリンの部屋」で、NMB48からの卒業を発表した。

【写真】目を潤ませながら卒業を発表する吉田朱里

16日に24歳の誕生日を迎えた吉田は、活動歴10年目となるNMB48の1期生。「アカリンの部屋」は、『NMB48 LIVE!! ON DEMAND』(DMM)と『吉田朱里YouTubeチャンネル』の2メディア同時生配信番組で、この日は、メンバー全員の悩み相談を聞くという企画を約3時間にわたって繰り広げ、番組の最後に「私たちにとって一番大切な場所」というNMB48劇場のステージ上で卒業発表をおこなった。

吉田は「今日は素敵な一日でした。メンバーのみんなとこんなにたくさん話せて。4期生くらいまでは話す機会は多いですけど、後輩になればなるほど会う機会も少なくて、みんなが悩んでいることに正面から向き合ってこれなかったこともあったし、最近ではメンバーに会えなかった日も続いていたので、改めてメンバーに向き合える時間ができてすごくよかったなと、私も素敵な時間を過ごさせてもらいました。みんなの悩みのレベルがすごいし、当時の私の年齢の時よりしっかりしていて、NMB48は大丈夫だと思いました」と、満足気な表情を浮かべた。

そして、「ここでファンの皆さん、メンバーのみんなにお伝えしないといけないことがあります」話すと、劇場に緊張感が漂った。吉田は大きく呼吸し、慎重に口を開いた。

「私、吉田朱里はNMB48を卒業します。NMB48は今年の10月で10周年を迎えます。1期生として私は活動させていただき、私もアイドル10周年、一つの大きな節目でもあるので、卒業発表をしようとずっと決めていました。ですが、このような状況でこの先、グループがどうなってしまうのかもわからない、ライブもなかなかできず、ファンの皆さんにも会えない日々が続く中で卒業を決断するのはすごくすごく迷いました。でも、自分がやりたいこととか、この先のお仕事が決まっていく中で、今ここで決断しないと、きっと、ずっと後悔したままグループに在籍することになる。頼もしい後輩メンバーがこんなにもたくさんいる中で、私がいることでそのチャンスを奪ってしまうんじゃないかなと思ったので、卒業を決断しました」と心境を語った。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事