FOLLOW US

UPDATE|2021/03/18

アプガ(2)、5年目の活動に寄せて【吉川茉優】「アイドル界で唯一無二の存在になろうとしている途中」

吉川茉優

記念すべき10枚目のシングルをリリースしたアップアップガールズ(2)。3月にはグループを「あお組4」「桃色4」の2つのチームに分けてライブを開催するという新たな試みを控えている。

2月末に結成5年目を迎え、ますますの活躍に注目が集まる彼女たち1人ひとりに、チーム別ライブへの意気込みを聞いた。第2回はエース・吉川茉優が登場。

【写真】長身エース・吉川茉優の爽やか撮りおろしショット【5点】

──結成から4年、単独ライブを終えて今のアプガ(2)はどんなグループだと思いますか?

吉川 秘めていた可能性やメンバー1人ひとりの強みがここ最近見えてきて、今すごく面白いグループになってきていると思います。8人のバラバラ感がパフォーマンスの幅が広げてくれていて、今のアイドル界で唯一無二の存在になろうとしている途中です!

──記念すべき10枚目のシングル、一番注目してほしい自分のポイントはどの曲のどんな部分ですか?

吉川 『セメテセメテ』の落ちサビに注目してほしいです! 曲を作ってくださったももすももすさんにたくさんご指導いただいて、自分で研究もして表現したパートになっています! レコーディングもドキドキしたし、ライブでも毎回ドキドキします。

──シングルには『強がりライライライ』という曲が収録されていますが、吉川さんがつい強がってしまうときはどんなときですか?

吉川 テレビを観ていると感情移入しすぎて泣いちゃうときがあるのですが、母と一緒に見ているときはなるべく涙を堪えて平気なふりして観ます。バレないように涙を拭いたり鼻をすすったりして……まあ、堪えきれないときもありますが(笑)。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事