FOLLOW US

UPDATE|2021/02/27

わずか5分で目標金額に、田村芽実ソロミュージカルにかけた思い「クラファン達成の瞬間は号泣しました」

田村芽実 撮影/荻原大志

ハロー!プロジェクトのアンジュルムを2016年に卒業し、以降はTRUMPシリーズのミュージカル『マリーゴールド』で主演、『ウエスト・サイド・ストーリー』でマリア役を務めるなど、ミュージカル女優・歌手として活躍する田村芽実。

そんな田村の新たなる挑戦が、自身で企画・主催・主演するソロミュージカル『ひめ・ごと』だ。

予算の問題や新型コロナウイルス感染拡大防止の影響を受け、何度も熟考を重ねた結果、クラウドファンディングという手法を採用。だが、本人の不安を裏切るように、クラウドファンディングは開始5分程度で目標金額150万円を達成し、最終的には2800万円を集めたことで話題を呼んだ。

そして、『ひめ・ごと』公演が27日(土)の20時から配信される。公演を前に、クラウドファンディング実施した心境や『ひめ・ごと』への思いを語ってもらった。

【写真】渾身のプロジェクトへの思いを語る、女優・田村芽実

自身の女優生命を懸けたクラウドファンディングは、2月1日の午前0時からスタートした。その直前の1月31日22時からインスタライブで今回の趣旨を改めて説明し、そのままスタート時刻を迎えるという流れである。「あの夜のことは絶対に一生忘れない」と田村芽実は目を細めながら振り返った。

「日付が変わる瞬間は、スマホを持つ手が震えましたね。そして開始からわずか3分後に目標金額の150万円を達成することができると、今度は1人ベッドの上で声を上げて泣きました。人生でこんなにもドキドキしたことはなかったです。本当にクラファンのサイトを見るのが怖くて。この緊張感を強いてたとえるなら……経験したことないけど、出産の瞬間くらいドキドキしていたと思う(笑)。今、私が命を懸けてでも守らなくてはいけないものは、皆様から支援していただいた金額なんです。まさに母親が子供を想う気持ちと一緒ですよ」(田村芽実、以下同)

 目標金額に到達した瞬間、「これで作品を作ることができる」という喜びと同時に「こんなにもたくさんの人が自分のことを応援してくれているんだ」という驚きがあったという。その驚きは田村本人のみならず、見守っていたファンも同じだったのかもしれない。なぜここまで短期間で多くの支援金を集めることができたのか? もちろん女優としての田村の才能に心酔したり、今回のプロジェクトに対する熱意に打たる者が多かったのは事実だろう。だが、田村はそれに加えてもう1つの要素があったのではないかと考えている。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事