FOLLOW US

UPDATE|2021/05/15

NGT48 本間日陽、思い出の地を巡った初写真集「ファンの皆さんに『ずっと、会いたかった』」

本間日陽1st写真集『ずっと、会いたかった』(光文社) 撮影/酒井貴弘

5月19日(水)にNGT48メンバー初となるソロ写真集『ずっと、会いたかった』を発売する本間日陽。新潟と沖縄で撮影された今作だが、随所に本間の“想い”が詰めこまれたエモーショナルな一冊となっている。一体どんな作品に仕上がっているのか、写真集の舞台裏についてお話を聞いた。
(前後編の前編)

【写真】ENTAME next独占、特別先行解禁された本間日陽 写真集カット

――1st写真集の発売、おめでとうございます!

本間 ありがとうございます! 写真集を出すことは自分の目標の1つだったので、それが叶ってとてもうれしいです。

――写真集発売が発表されたのは今年1月のNGT48劇場公演でしたよね。そのときの気持ちは?

本間 完全にサプライズだったので「まさか!?」と思いました。去年の秋頃、スタッフさんに「今後の目標として、写真集に挑戦したいです」という思いは伝えていたんですけど、それがすぐに叶うなんて思っていなくて。「思いが届いたんだ!」と思いました。逆に、こんなにすぐに目標が叶ってしまったことに、少し戸惑いはありましたけど、チャンスをいただけたことは、素直にうれしかったです。

――では、本間さんの写真集『ずっと、会いたかった』がどのような内容なのか、教えてもらえますか?

本間 私にとって初めての写真集で、とにかくこだわりにこだわり抜いた自信作になっています。写真集自体のテイストから、誌面でやってみたいことや行きたい場所、お願いしたいカメラマンさんやスタイリストさん、ヘアメイクさんのことなど、要望を事細かに伝えさせてもらいました。その結果、本当にありがたい環境で撮影することができて、涙が出るくらい感謝しています!

――その中で特に、実現できてうれしかった要望は?

本間 地元・村上市(新潟県)での撮影です。村上は城下町で、観光名所もたくさんあるんですけど、今回はそういう場所を巡るのではなく私が多くの時間を過ごしてきた場所や自分のルーツとなった場所に行きたいと思っていたので、地元の図書館を撮影場所に選んだりしました。

――確かに写真集の中には図書館でのショットがありましたが、あの場所は本間さんが昔よく行っていた場所?

本間 そうです。子どもの頃からよく通っていたし、中学時代は毎日あの図書館で勉強していました。だから撮影中はすごく感慨深かったですし、当時の自分が「6年後、ここで写真集を撮る」って知ったらめちゃくちゃ驚くだろうなぁと思いました(笑)。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事