FOLLOW US

UPDATE|2021/07/21

加藤美南が語る、それでもアイドルを辞めなかった理由「ファンがいて初めて成立する人生」

加藤美南 撮影/松山勇樹

2021年1月31日にNGT48を卒業し、現在は肩書のないフリーランスとして活動を続けている加藤美南。

一時は世間から多くのバッシングを浴びながら、それでもその場に立ち続け、今は新たな道を歩みだした彼女に、当時、考えていたことと将来への展望を聞いた。

【写真】大人っぽさも増した、加藤美南の撮りおろしカット【12点】

──加藤さんは今年1月にNGT48を卒業されました。現在の肩書はアイドルではない?

加藤 はい、芸能事務所にも所属していません。「女優」とか「モデル」とか1つのジャンルに特化したかたちではなく、肩書に縛られず自由に活動していけたらと今は考えています。だからファンのみなさんにも「特に肩書はないよ」と伝えています。

──グループ卒業はどのようにして決めたのですか? 2020年のクリスマスに卒業発表、翌年1月末に卒業と、少し唐突な印象もあったのですが……。

加藤 唐突か……、確かにそうかもしれませんね。ただ私の中では前から考えていたことではあって、コロナが流行り始めた2020年の春くらいから卒業は意識していました。あの頃は最初の緊急事態宣言があり、ステイホームということで自粛期間が続いたじゃないですか? なかなか思うように活動もできない中、自分の将来のことを見つめ直すようになりまして。ちょうど同年代の人たちが大学を卒業したり就職したりと進路を決めていたこともあって、「これは自分も真剣に考えないとな」と気持ちが動いていきました。

──なるほど。年齢的にも分岐点に差し掛かっていたんですね。

加藤 そうですね。それから、ちょうど22歳の誕生日になる直前に(研究生から正規メンバーへの)昇格が発表されたのも大きいです。やっぱり自分の中で、昇格するまでは卒業したくないという気持ちがあったので……。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事