FOLLOW US

UPDATE|2015/06/02

“モーニング娘。”の重圧を乗り越え、モーニング娘。’15を作った13人

5月27日、日本武道館で「モーニング娘。’15 コンサートツアー春~GRADATION~」ツアーファイナル公演が行われた。


13人で作る、モーニング娘。’15の形

 これまでのモーニング娘。が素晴らしいグループだから、そしてモーニング娘。が大好きだから、今のモーニング娘。’15を最高のものにしたい。大きな大きな看板をこれまでは先輩たちと一緒に背負ってきたけど、今は自分たちが背負っていく。そして次に託していきたい。それはモーニング娘。である彼女たちにしかできないこと。そんな、武道館には収まりきらないくらいの、とてつもなく大きな覚悟がこの公演にぶつけられていたように思う。

 今回のツアー初日開演前、メンバーの何人かが泣いていたという。それぞれ涙の意味は違っただろうが、そこから緊張やプレッシャーを乗り越え、約2ヶ月のツアーを経て、のびのびと彼女たちらしく“モーニング娘。’15”を作ることにたどり着いた。「モーニング娘。はこうあるべき」という定義はない。しかし、佐藤が話していた「進化をするには、悔しいことやつらいことがいっぱいある。でもそれを乗り越えての成功だと思う」、そして「絶対に進化は止まりません!」という言葉。これこそがモーニング娘。であり、モーニング娘。はそうでなければならないのだろう。

 武道館公演の最後に「わたしたちを13色のサイリウムで輝かせてください」と譜久村が言っていたが、サイリウムの光なんていらないんじゃないかと思ってしまうくらい、ツアーを通して成長した13人が、達成感と自信でキラキラと輝いて見えた。しかしモーニング娘。’15は始まったばかりで、この先もっともっとすごいものを見せてくれるはず。だからこそ、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。そしてもっともっと大きなステージで彼女たちを見たいと思った。

 今回のライブで、こうやってモーニング娘。が続いていくのだ、というのを目の当たりにしてしまったような気がする。本当にすごいライブだった。すごい、としか出てこないのが悔しくなる。

モーニング娘。’15『青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ』

東海林その子 アイドルが大好きです。アイドル、ファッションなどに関するライターをやっています。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事