FOLLOW US

UPDATE|2019/03/26

SKE48野島樺乃&野村実代 初対談「珠理奈さん須田さんから学んだ負けず嫌いを大切にしたい」

左から野村実代 北川綾巴 野島樺乃

3月25日(月)発売のファッション&アイドルカルチャーマガジン『OVERTURE』018号に、SKE48から江籠裕奈、北川綾巴、野島樺乃、菅原茉椰、野村実代の5名が登場する。5人は10ページに渡ってサイケデリックでガーリーなグラビアを披露してくれているが、その発売に合わせて当サイトではウェブオリジナルのインタビューを公開。今回は若手期待のホープ、7期生野島樺乃と8期生野村実代の対談をお送りする。

―今回、2人で対談するのは初めてだとお聞きしたのですが。

野島 はい。

野村 そうですね。

―意外になかったんですね。まず2人にお聞きしたいのが、チームKIIの松村香織さんが4月末で卒業することについてなのですが、今までSKE48を外に発信してきたメンバーのひとりが卒業することはどう思いますか?

野島 正直、松村さんの代わりになる人はこのあと誰もいないと思っています。あっ、今でもいないんですけど(笑)。私たち7期生が研究生としてお披露目されたときに、松村さんは終身名誉研究生から昇格したんです。

―なるほど。

野島 7D2(7期生とドラフト2期生)は「PARTYが始まるよ」公演で劇場デビューしたんですけど(2015年7月)、研究生だけの公演だったので誰も教えてくださる先輩がいなかったんです。そんなとき香織さんが声をかけてくださったのがすごく嬉しくて。外では破天荒なんですけど、実は中ではすごく後輩思いで、支えてくださっていて。そういう意味でオールマイティーすぎる先輩はいないんじゃないかなって、松村さんの卒業公演を観て思いました。

―野島さんはなれないですか?

野島 私ですか? 私は絶対になれないと思います……。

―野村さんはどうですか? 松村さんの卒業は。

野村 私も樺乃さんと同じような経験をしていて……。研究生のときに私たち8期生と7期生で「青春ガールズ」公演を始めさせていただいたんです(2017年4月)。そのときに怒ってくださった先輩が香織さんと須田(亜香里)さんで、その1人の方がいなくなるってことは、叱ってくださる方がいなくなるということで……かなりヤバいんじゃないかなって思います。いつか松村さんのような存在が、若手から出てきたらいいなって思います。

―野村さん、自分がなろうとは思わないですか?

野村 路線が違うので難しいかなと思います。

―路線って(笑)。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事