FOLLOW US

UPDATE|2019/04/16

ハロプロ進化論の最新形態「超・令和型アイドル」BEYOOOOONDSインタビュー(1)

左から高瀬くるみ、清野桃々姫、岡村美波、山崎夢羽、前田こころ

いよいよ本格的に動き出したハロプロの隠し玉・BEYOOOOONDS。「“CHICA#TETSU”“雨ノ森 川海”、そして“一芸に秀でたメンバー”という個々でも活動する3グループの合体形として、形を変幻自在にビヨーンびよーんと変貌させるような、これまでにない新しいアイドルの形を目指していく」という一度聞いただけでは頭の中に「?」が3つぐらい浮かぶコンセプトを持つ彼女たち。その謎を解き明かすべく3日連続でインタビューをお届け。まずは雨ノ森 川海のインタビューから。


インタビューの前にまずは「雨ノ森 川海」(あめのもりかわうみ)の説明から。メンバーは前田こころ(16)山崎夢羽(16)(「崎」の右は「立」が正式表記・以下同)、岡村美波(14)清野桃々姫(14)高瀬くるみ(20)の5人。人々の心に潤いを与えてくれるようなグループになることを願い、自然と生命の源を表して名付けられた。上の写真の衣装があまりにも独特なのは、途中演技シーンが入るミュージカル調のBEYOOOOONDSの楽曲『眼鏡の男の子』の衣装だからです。
     *     *     *
──高瀬さんと清野さんが中心となった新グループ結成されると発表されてから約1年、昨年の6月に他の3人(前田、山崎、岡村)の加入が発表されました。そのときの心境はいかがでしたか?

高瀬 私はまずメンバーが決まったことに一安心しましたね。

清野 私も、やっとグループになれるんだってうれしさが大きかったです!

高瀬 私たちは発表の前日にメンバーを聞いていたので、発表当日はかなりそわそわしていました(笑)。

前田 私はそのとき舞台に出演していたので、選ばれたメンバーを知ったのが連絡メールだったんですよ(笑)。でも、意外でしたね。お芝居っていうコンセプトがあったけど、夢羽(山崎)もみいみ(岡村)も演技しているところを見たことがなかったので。

山崎 まさか自分が入れるなんて考えてもいなかったんですよ。みんな表現力がすごいなって思っていたメンバーだったので、自分も同じくらいの個性を持てるように頑張ろうって思いました。あとさっき、くるみちゃんが前日に発表されてそわそわしていたと言っていたんですけど、あの日、「今日はやけに話しかけてくるな」って実は思っていました(笑)。

高瀬 嘘、バレてた? でもうれしかったんだもん~(笑)!

岡村 私は名前を呼ばれたのが最後だったんですけど、2人の名前を聞きながら「自分はないな」って思っていて。だから選ばれたときは時間が止まっちゃった感じがしました。

高瀬 実はメンバーが決まる前、帰り道がここ(前田)と一緒で、「もし研修生からメンバーが選ばれることになって、私と桃々姫のグループになったらどうなの?」って聞いたことがあって。

前田 そのとき、私は正直に「演劇を中心に活動したいわけじゃないから、既存のグループか、(一岡)伶奈ちゃんのグループに入りたい」と話していたんです。

高瀬 だから私、メンバーを知ったときにどうしようかなって思ったんですよ(笑)。

前田 でも実際選ばれてみて、まったく嫌だって気持ちはないんです。いろんなことを経験させていただけて楽しいし、本当にこのグループでよかったなって思っています!

──雨ノ森 川海という特徴的なグループ名はもちろん、発表されたときのメンバーのみなさんの反応が見られる動画も話題になりました。

高瀬 パソコンの画面でグループ名が出されたんですけど、パッと読めなかったんですよ。

前田 雨、森……って1文字ずつ読んでいったよね(笑)。

清野 ファンの方に「あれは嫌だったの?」って聞かれるんですけど、私はボロボロに泣いていたのと読めないので、目を細めていただけ(笑)。全然嫌とかじゃないんです。

岡村 私は音読みか訓読みかが分かんなかった。あめ? う? って。

高瀬 インタビュー動画で「グループ名はどんなのがいいですか?」って質問に、夢羽は「英語がいいです」って答えてたじゃん。実際どう思っているんだろうって今も気になってる(笑)。

山崎 どことも被りたくないから、英語かなって思っていて。だから、絶対被らないこのグループ名はうれしいよ! 漢字の並びも可愛いし!

CREDIT

取材・文/東海林その子 撮影/市村円香

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事