FOLLOW US

UPDATE|2019/08/01

振付師・竹中夏海が語る「今年のTIFで絶対に見ておくべき3グループ」

竹中夏海


──さて、今年は10周年ということで、竹中先生は“アイドルブームの功労者”たちにも改めて注目されているとか。東京女子流、SUPER☆GiRLS、寺嶋由芙、Negicco、でんぱ組.inc、バンもん!といったグループたちですが……。

竹中 それぞれ一度はTIF離れする時期もあったものの、やはりこの布陣の安心感は絶大ですね。(東京)女子流ちゃんは2017年に“TIFカムバック”してからは昔の曲も今の曲も織り交ぜたサービス精神満載のセトリで楽しませてくれます。スパガ(SUPER☆GiRLS)もこの10年で大幅なメンバーチェンジがあったとはいえ定番の夏曲がたくさんあるのも強みです。

──TIFの歴史を語る上で外せないレジェンドグループと言ってもいいかもしれません。

竹中 48グループやハロプロの方が歴史は長いですがTIF参戦はしばらく経ってからのことですし、2010年代のアイドルブームとはまた違う時流なので、彼女たちこそがいわば2010年代のTIFの功労者なんですよね。そんなグループのステージを観れば、この10年間のアイドル文化をおさらいすることができるのではないでしょうか。

──なるほど。

竹中 レギュラーメンバーの中では“アイドル界の良心”とも言うべき寺嶋由芙ちゃんや、Negiccoも観て欲しいですね。ファンも素晴らしい方たちばかりで、内輪受けではなく、みんなで楽しもうという雰囲気に包まれているので初めてでも安心して参加できますし、頼もしさすら感じられます。今やアイドルイベントではなかなか観られないでんぱ組.incやバンもん!(バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI)のようなグループが出演していることも、TIFのありがたいところですね。

──確かに幅広いラインナップもTIFの魅力です。

竹中 あと手前味噌で申し訳ないんですが、prediaにもぜひ注目して頂けたらなと。結成は2010年とTIFと同世代でほぼ皆勤賞ながら、「大人アイドル」をコンセプトに掲げている彼女たちがアイドルファンに受け入れられるには随分と時間がかかりました。しかしここに来て一気に花開いてるところなので、今が見時かなと思います。

──ここに来て花開くというのも素晴らしいですね。

竹中 10年近く掛けて“最新が最高”なんて夢があることじゃないですか。いわゆるベテラン、中堅と呼ばれているグループを中心に挙げましたが、もちろん文化を継続、発展させるためには新しいアイドルがどんどん生まれてくるべきだと思います。でも続けてくれていることの価値だったり、同じ曲を歌い続けることの尊さだったりを1年に一度再確認できる場も、TIFなのだと思います。

▽竹中夏海(たけなか・なつみ)
振付師。HKT48、=LOVEなどの大型グループからアップアップガールズ(仮)、prediaなどの実力派ライブアイドルまで、振付を担当したアイドルは300人以上。また、藤井隆やヒム子(バナナマン 日村勇紀)など、性別や年齢を問わずアーティストのアイドル性を引き出すことに定評がある。
CREDIT

取材・文/猪口貴裕

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事