FOLLOW US

UPDATE|2019/08/21

欅坂46 田村保乃&武元唯衣、初めての欅共和国で「もっと上手くなりたいと思った」

左から田村保乃、武元唯衣 撮影/河野優太

毎年、野外ならではの演出で観客を驚かせている「欅共和国」。欅坂46の伝統となっているこのライブに、今年初めて2期生が参加。憧れの地に立ち、彼女たちが見た景色は一体どんなものだったのか。武元唯衣と田村保乃がアツい夏の舞台裏を語った。(『月刊エンタメ』9月号掲載)



──3日間に渡る「欅共和国2019」(以下、共和国)お疲れ様でした! まずはライブの率直な感想から聞かせてください。


武元 すごく楽しかったです! 最終日は朝から「今日で終わっちゃうのか」と寂しい気持ちになりました。

田村 私はほっとしています(笑)。

──加入前から欅坂46が好きだったお2人にとって共和国は特別なものだったと思うのですが、どのような気持ちで挑みましたか?

武元 過去の共和国のDVDを何度も観ていたので、空がどんどん暗くなっていってペンライトの光に包まれるきれいな景色を見られるのかと思うとすごく楽しみでした。そしてお客さんに水を掛けるのがめちゃくちゃ楽しみだったので、いっぱい掛けようと思って挑みました(笑)。

田村 私もDVDを持っていて、空が明るいときは明るい曲、陽が沈んできたらシリアスな曲、という感じで欅坂46の二面性を楽しめるのが共和国ならではの面白さだと思うんです。特に今年は明るい雰囲気のユニット曲を全員でパフォーマンスすることになっていたので特別感もあってうれしかったんですけど……正直、本番が始まるまでは緊張と不安だらけでした。

──先ほども開口一番「ほっとしています」とおっしゃっていたので、相当緊張されたんですね。

田村 はい。今回の共和国のオープニングはまず尾関(梨香)さんに続いて2期生だけが登場するという流れだったので、プレッシャーもすごく感じました。その後1期生さんが出てきてくださったときの安心感が半端なくて! 1期生さんの姿を見ながら「皆さんかっこいいなぁ。頼りになるなぁ!」と思いました。

CREDIT

取材・文/左藤豊 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事