FOLLOW US

UPDATE|2019/08/03

乃木坂46 4期生、TIF2019のステージで“乃木坂46の新星”から“アイドル界の新星へ”【ライブ画像10点】

TIF2019に出演した乃木坂46 4期生(8月2日撮影) 撮影/山上徳幸

お披露目から約8カ月の乃木坂4期生が2日(金)、日本最大のアイドルフェスティバル「TIF2019」で初のフェス出演を果たした。出番は野外ステージ「SMILE GARDEN」の初日のトリ。乃木坂4期生の前は、9年以上のキャリアを持つ実力派・東京女子流というTIFならではの並びになっていた。



昨年、3年ぶりにTIFに帰還した女子流は今回も圧巻のパフォーマンス。最後は名曲『鼓動の秘密』をアップデートして披露し、「あの頃の女子流」ファンの心も満たすステージを見せる。10年目のアイドルから1年目のアイドルへ。そして、バトンは渡された。

乃木坂4期生の登場がアナウンスされると、乃木坂46のOVERTUREと共に、今年から設置されたビジョンに紹介映像が流れる。「乃木坂46のライブ」を直輸入した形だ。

『ガールズルール』のイントロで勢いよく飛び出した4期生たち。体調不良により欠席した北川悠理を除く10人の真ん中に立つのは賀喜遥香。4期生単独ライブ(5月25日・横浜アリーナ)の全員センター企画でも、賀喜がトップバッターで歌ったのが『ガールズルール』だった。感受性の強い賀喜らしく、観客の盛り上がりに自然な笑顔を見せた。金川紗耶の小顔美少女ぶりにも改めて驚かされる。

続く『インフルエンサー』のセンターは遠藤さくら。4期生単独ライブでは多くの曲でセンターに立ち、24枚目シングルでは選抜のセンターに抜擢されたシンデレラガールだ。「自分には個性がない」と語ることもある彼女だが、センターに立つと類まれなるスターオーラを放つ。今回は右目の腫れから眼帯(テンションを上げるために桜のイラストが描かれていた)をしていたが、それでも確かな表現力は伝わった。

『制服のマネキン』の中心には、昨年12月のお見立て会でセンターを務めた柴田柚菜がいた。負けず嫌いの彼女らしい意志の強さを感じさせるパフォーマンス。「ボールを打った金属音」で耳に手を当てたのは矢久保美緒。4期生でもっともディープなアイドルファンである矢久保は「TIF出演」を夢のひとつに掲げていた。決してスキルが高いほうではない矢久保だが、エネルギッシュなダンスで喜びを表現する姿は輝いていた。

MCの自己紹介では、清宮レイが「狙った獲物は逃さない! 天を貫くこの右手! レイパンチ!」と必殺技を炸裂させた。何かを吹っ切るようなアクションが、彼女の覚悟だと気づく。また、水分補給のためペットボトルの水を回し飲みするシーンの“部活感”は、観る者を爽やかな気持ちにさせた。そのペットボトルを回収していく賀喜の“いいヤツ感”にもほっこり。

4期生オリジナル曲の『4番目の光』では、落ちサビで早川聖来が夜空に届くように歌声を響かせる。乃木坂4期生の初期衝動がTIFに新しい光を照らした。『キスの手裏剣』では、メンバーの投げキッスに観衆がメロメロに。最後は「シュシュシュシュ♪」「ヘイ! ヘイ!」をファンも合唱。途中、遠藤が早川の頭をポンポンと触った場面も4期の結びつきの強さを感じさせた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事