FOLLOW US

UPDATE|2019/12/13

今泉佑唯 卒業から1年、女優としての葛藤の日々を振り返る「本当に逃げ出したくて、毎日泣いていたことも」

今泉佑唯 撮影/佐藤佑一

昨年、欅坂46を卒業した今泉佑唯。グループ卒業後は舞台やドラマを中心に女優として、破竹の勢いで活躍の場を広げている。そんな中でも、個人として歩み始めてからの苦悩、ほぼ演技経験がない中での葛藤もあったという。彼女自身が振り返る、この1年での成長とは。


──昨年11月にグループを卒業して約1年経ちましたが、1人で芸能活動をするようになってどんな変化がありましたか?

今泉 けっこう考え方が変わりました。1年前まではまわりの人たちに頼ってばかりいて。例えば取材でも他の人に譲って、自分で考えることをなるべく避けてきたんです。だけど、今は1人なので全部自分で考えて発言しなきゃいけない。しっかり考えるようになったら、気持ちに余裕も出てくるようになったんです。今は「これがやりたい」「こうなりたい」という小さな目標を作るようになりました。

──グループにいるときも今泉さんなりにきちんと考えている印象はありましたよ。

今泉 やっぱり甘えがあったんですよ。個人での仕事のときは考えることができても、グループに戻るとまわりに同調しちゃうことがあって。

──なるほど。他にも仕事以外の時間を自分のために使えるようになったとお伺いしました。

今泉 以前は自分の予定をどう組んだらいいのか分からなくて。でも、今は「この仕事とこの仕事の合い間にこれができそうだな」とか、心の余裕ができて予定が組めるようになったんです。

──そんな時間は何をすることが多いですか?

今泉 体を動かすことが好きなのでジムに行くことが多いですね! 女性らしいラインでありながら腹筋に縦線を入れたいなと思って。以前は、「太ったら太ったでそういう時期だから」と割り切っていたんですけど、最近はより体型を気にするようになりました。

CREDIT

撮影/佐藤佑一

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事