FOLLOW US

UPDATE|2019/12/01

グッズの梱包も本人、話題のセルフプロデュースアイドル 加納エミリに聞くフリーならではの苦労

撮影/松山勇樹


──そもそもどういう経緯でレコード会社に所属したんですか?

加納 高校卒業後、音楽学校に通っていたんですけど、学校で発表会があって、今回のアルバムにも収録されている『恋愛クレーマー』という曲を披露したんです。そしたら発表会に来ていたレーベルの方が声をかけてくださいました。それから2年半ぐらいレコード会社にお世話になっていました。

──レコード会社に所属していた頃はフラストレーションってありました?

加納 めっちゃありました。2年半ぐらいいたんですけど、ライブにも出られなかったですからね。当時は音楽活動よりもバイトをしていた時間のほうが長かったです。

──どんなバイトを経験したんですか?

加納 いろいろやりましたけど、たとえばコンビニや雑貨屋さん。あとディスクユニオン新宿店でも働いていました。

──おー! それは今の活動に直で繋がっているじゃないですか。

加納 そうなんです! 当時、新宿店で店長を務めていた方が、今でも交流があって、何度もインストアライブをやらせて頂きました。ポスターもお店の良い場所に貼ってもらってます。

──もともとアーティスト志望だった加納さんが、どうしてフリーになる時にアイドルというフォーマットを選んだんですか?

加納 アイドルってカルチャーとして成熟しているじゃないですか。フワッと「カッコいい系のアーティスト」みたいな中途半端なところに行くよりは、たとえば吉田豪さんや南波一海さんのようにアイドルカルチャーに熟知した方に知ってもらえるかなと思いましたし、そこで自分の音楽性を伝えられると世に広まっていくのかなと考えたんですよね。

──戦略的にアイドルを選んだんですね。

加納 そうですね。ただ、アイドルはほとんど知らなかったですし、今もあまり分かってないです。なのでアイドルファンには、ライブで湧きたい方もいれば、楽曲派と呼ばれる方もいるみたいなことは、自分がアイドルになって初めて知りました。それを知ってからは、まず楽曲派の方に刺さるようにしようと思いました。

──今後のプランは?

加納 大きなフェスに出てみたいです。他にも漠然としたプランはありますけど、CDをリリースしてみての反応で戦略も変えていかないといけないし、あまり先走らないようにしています。

──とてもアイドルの発言とは思えないほど堅実ですね(笑)。2月にインタビューした時、年内にアルバムを出したいと仰ってましたけど、しっかりと達成してるから説得力もあります。

加納 一応、ここでシングル出して、ここでアルバム出して、ここでワンマンみたいな目標を書いてパソコンの上に貼っているんですけど、今のところはクリアしてます。ただ今はリリイベやライブで全国も回りますし、アルバムのプロモーションに専念します!

──最初の話に戻りますが、事務所に所属する時期はいつ頃に設定しているんですか?

加納 そればかりはご縁ですからね。もしかしたら来年もずっとフリーでやっているかもしれません(笑)。

加納エミリ
▽加納エミリ ファーストアルバム『GREENPOP』
発売中
AUTHOR

猪口 貴裕

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事