FOLLOW US

UPDATE|2019/12/02

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 舞台裏」で見た岡田奈々の器の大きさと、一抹の不安

アイドル番組定点観測 第42回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第42回となる今回の観測期間は11月25日(月)~12月1日(日)。



10月31日(木)に開催され、AKB48・矢作萌夏の優勝で幕を閉じた『第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』。その舞台裏を収めた『第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 舞台裏ドキュメント』(TBS)が11月28日(木)に、歌唱シーンに加え舞台裏や大会後インタビューなども含めた『第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 完全版』(CS TBSチャンネル1)が11月30日(土)にそれぞれ放送されました。

優勝を果たした矢作は堂々とした歌唱で審査員から絶賛されたものの、直後の舞台裏で「歌えなかった……」と号泣。そしてそんな矢作をギュッと抱きしめ「大丈夫だよ」となぐさめていたのが、AKB48/STU48・岡田奈々でした。また、矢作の優勝が発表された瞬間も岡田は「良かったね~! 優勝という素晴らしいものを胸に羽ばたいていってほしいと思います。本当におめでとう!」と笑顔で矢作を称賛。素敵な先輩・後輩の関係だなと思ったと同時に、岡田の器の大きさを見た気がしました。

岡田自身もこの大会で優勝を狙っていたわけですが、思い通りの歌唱ができず舞台裏で悔しさをにじませる場面も。しかしメンバーの前ではそんな素振りを一切見せず、笑顔で他者をなぐさめ勝者を称えられるところが、岡田がメンバーに慕われるゆえんなのでしょう。ただ一方で、自分の気持ちを押し殺しているんじゃないのかなと心配にもなったのですが……。

AKB48とSTU48の精神的支柱の役割を担い、ここ1カ月でも歌唱力No.1決定戦に続いてSTU48ツアー参加、舞台『仁義なき戦い』出演、NMB48太田夢莉卒業コンサート出演など全国を飛び回り多忙を極めた岡田。後輩たちにとってはきっと彼女ほど心強い存在はないでしょう。とはいえ岡田には2020年、もっと自由にわがままに、自分を最優先してほしいところです。
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事