FOLLOW US

UPDATE|2020/01/27

加藤史帆「日本を代表するアイドルになりたい」『セルフDoc日向坂46』で見えたグループの未来

アイドル番組定点観測 第50回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第50回となる今回の観測期間は1月20日(月)〜26日(日)。


「日本を代表するアイドルにすごくなりたい」「トップグループに絶対なる!」――加藤史帆がそう力強く語ったのが、1月26日(日)放送『セルフ Documentary of 日向坂46』(CS TBSチャンネル1)。「自分には欠点しかない」と涙を流し、それでも「グループに必要不可欠な人間になりたい。グループの役に立ちたい」と語った彼女。コンプレックスだらけの加藤が壮大な目標を掲げられたのは、きっと“このメンバーとなら、それができるはず”という信頼があるからなのでしょう。

そもそも今回の『セルフDoc~』は、過去の放送回とは少々印象が違った気がします。グループのことを問われたとき、これまでであれば「一体感が分からなくなってきている」(#1=昨年9月放送。高本彩花の発言)など戸惑いの言葉が目立ちました。しかし今回は「日本を代表するアイドルに」という目標が出てきましたし、そのための課題を「メンバー個々がすごく強くなること」と齊藤京子も明確にとらえていました。

それぞれの回の収録がいつ行なわれたのかは分からないので、具体的なきっかけが何なのかは推測するしかないのですが、この数カ月の間で日向坂46メンバーの意識は大きく変化したといえるでしょう。今年12月の東京ドーム公演に向かって、そして「トップグループ」に向かって、日向坂46はリスタートを切った──。そんな前向きな印象を与えてくれる今回の『セルフDoc~』だったように思います。

さて話は変わって、1月22日(水)にメジャーデビューを果たした青春高校3年C組について。記念すべきデビュー当日の『青春高校3年C組』(テレビ東京)は公開生放送を実施。また20日(月)・21日(火)は前週に引き続いてヒット祈願「青春駅伝」の模様が放送され、見事370km完走を成功させました。
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事