FOLLOW US

UPDATE|2020/09/12

Iカップアイドル・青山ひかるが自粛生活中の行動を明かす「ゲーム三昧で3キロ太りました」

「青山ひかると同棲中。有名アイドルのビキニ姿を独り占め、そういう世界。」

アイドルユニット「sherbet」としても活動する、グラビアアイドルの青山ひかるがVR映像を楽しめる映像配信サービス「PICMO VR」の作品に登場。まるで彼女と恋愛しているような気分になれる、臨場感溢れる2本のVR作品が、現在見放題配信中だ。今回、青山ひかる本人に、刺激的なVR作品の内容を解説してもらうと共に、自粛期間中のプライベートにも迫った。

【写真】青山ひかると恋愛気分になれるVR作品

──自粛期間の過ごし方は、やはり大好きなゲーム三昧でしたか?

青山 その通りです(笑)。Nintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』や『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』、『ドラえもん のび太の牧場物語』、RPGのリメイク作品で『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』などをちょこまかとやってましたね。あとゲーム配信もやってました。

──ずっと巣ごもりしていたんですか?

青山 ほぼ、そうですね。自粛前は、けっこう休みなく働いていた反動か、急にお休みをいただいて動かなくなったんです。動いたとしてもベッドからトイレみたいな最短距離で、それが悪かったのか体調を崩しました。動かないと本気でヤバいと思ったので、散歩がてらコンビニに行くようになって。でも、それ以外は今までできなかった時間を取り戻すかのようにゲーム三昧でしたね。

──散歩以外で体を動かすことはなかったんですか?

青山 今年2月からパーソナルトレーナーの方についてもらって、sherbet(※青山ひかるが所属するグラビアアイドル×超本格派ダンスで魅せるアイドルユニット)のメンバーの有村瞳ちゃんと一緒にトレーニングを始めたんです。自粛期間中も週1でzoomをつないで、1時間ぐらいの遠隔トレーニングをしていました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事