FOLLOW US

UPDATE|2021/02/15

乃木坂46山崎怜奈の『おはつちゃん』と日向坂46の『ひなちょい』、ひかりTVの坂道番組に注目

アイドル番組定点観測 第104回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第104回となる今回の観測期間は2月8日(月)~2月14日(日)。

    *     *     *

日向坂46が記者となって有名人に取材するトークバラエティ番組『日向坂46です。ちょっといいですか?』(通称・ひなちょい。ひかりTVチャンネル)。2月13日(土)放送回では日向坂46の高瀬愛奈、東村芽依、富田鈴花、山口陽世が男女YouTuberコンビ・ヴァンゆんにインタビュー。そして日向坂46メンバーがそれぞれ考案したYouTube企画にチャレンジしました。

中でも目を引いたのが「ストラックアウト完全制覇に挑戦」でピッチングの実力を発揮した3期生・山口(少年野球経験者)。持ち球12球で9枚の板を抜くストラックアウトに挑むと、なんと1球目から2枚抜き! 最終的にパーフェクト達成こそならなかったものの、7枚抜きという記録は女性アイドルとしては快挙では? 山口の指導に当たった“師匠”(ちなみに初対面)こと元プロ野球選手・森本稀哲も「野球をそのままやっていたら女子野球の選手になっていたかもしれない」と絶賛していました。

……という部分は当然見応えがありましたが、筆者が一番印象に残ったのは好記録を残したストラックアウトの前段階のシーンです。実は7枚抜きを達成したのは2度目の挑戦での話。1度目の挑戦ではいきなり3球連続で的を外しあっという間にチャレンジ失敗となってしまったものの、山口は平然と「今の(ウォーミング)アップなんで」「準備運動ですよ」とアドリブで言い放ち、何食わぬ顔で「今から本番いきたいと思います」と再挑戦していたのでした。3期生もバラエティのイロハをしっかり先輩から受け継いでいるんだなぁと感じられた名場面だったように思います。
AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事