FOLLOW US

UPDATE|2019/04/10

人気声優・上坂すみれがストリートファッションに着替えたら?

『OVERTURE』018号より


──じゃあ上坂さんとストリート系の距離を埋めるためにも、この連載のどこかでストリート系のお店に潜入してみるってどうですか? 例えば Supremeに並んでみるとか。

上坂 シュ? シュプリーム? 初めて耳にする単語ですけど、皆さんのその笑顔の裏に、私の人生にトラウマを作ろうとしている気配しか感じないです。そこに足を踏み入れたらどうなるのかはわからないですけど、もしその企画が実行されるのであれば、始まったばかりですけど、丁重にこの連載を辞退させていただこうかと……。

──イヤイヤ、それは困ります! ちなみに今後チャレンジしてみたいアイテムってあります?

上坂 普段着ないお洋服ってことですよね。ライダースは形が一緒なのに値段にバラツキがありすぎて正解がわかりません。あとはスニーカー、キャップとかリュックとか、あとはデニムとか、つなぎとか、スカジャンとか。たくさんあります。編集さんがかけてらっしゃる薄い色付きのサングラスとか絶対に直射日光を防げないと思いますし、私にとっては未知のアイテムだらけです。あとは、山登りしそうなお洋服とか。

──たしかにアウトドアとかスポーティーなイメージも上坂さんにはないですね。ウインドブレーカーとか。

上坂 シャカシャカ音がするお洋服は、声優的に絶対にNGなんです。アフレコで音が鳴ってしまった日には切腹ものなので。そもそも根本的なところでスポーツ的なお洋服を私が着たら、お遍路さんですか?って雰囲気になってしまうと思います。着用したら最後、八十八箇所を巡らなくてはいけなくなっちゃいます。

──そんなことはないと思いますよ(笑)。

上坂 あ、あとこの間『アメトーーク!』でスニーカー芸人さんの回をたまたま観たんです。頑張って付いていこうと思ったのですが、最後まで解せないまま終わってしまいました……。あ、でも靴底に気泡が入っているだけで値段がめちゃくちゃ高くなるという知識は得ました。

──気泡(笑)。エアーのことですかね。でもそれくらいの姿勢で来ていただけると、オススメのしがいもありますよ。ヴィンテージデニムを学ぶ、とかも面白そうです。

上坂 え、それは古着のジーンズってことですか?

──そうですそうです。色落ちを防ぐために、25年間洗っていないものとか……。

上坂 あ、ごめんなさい。それは無理です(キッパリ)。

──早っ(笑)。大丈夫ですよ、あくまでも例えばの話なんで……って、話せば話すほど上坂さんとの心の距離がすごい勢いで離れていっている気配をビシビシ感じていますが、そこは強い気持ちで進めていこうと思います。……ちなみに僕のデニムはちゃんと洗ってますよ?

上坂 (無言)

──完全に疑ってますよね、その感じは(笑)。さ、気を取り直して。どうでしょう? 今回の革命、成功ですか?

上坂 うーん、私がフードを被ったところで、ラップができるようになるでもないし、スケボーに乗りたい気持ちになる訳ではないということは、とても良く理解できました。見た目だけをストリート系に擬態したところで、心までは解放されるには至らなかったような……。私のフーディー姿が正解をたたき出せたのかは不明ですが、賢明なる『OVERTURE』読者の皆様におかれましては、なるべくならデニムは洗っていただきたいな、と思いました。

──わぁ、それは実質大成功ということで! また次回もよろしくお願いいたします!

上坂 …………。



上坂すみれ
上坂すみれ10thシングル

『ボン♡キュッ♡ボンは彼のモノ♡』
4月17日発売
作詞作曲を清竜人が手がけた表題曲は、自身も声優として出演するTVアニメ『なんでここに先生が!?』のOPにもなっている。4月20日ヴィーナスフォートにてトークイベントも開催! 詳細は公式サイト(http://king-cr.jp/artist/uesakasumire/)、公式Twitter(@uesaka_official)をチェック!

OVERTURE
上坂すみれの連載が掲載

『OVERTURE』018号絶賛発売中

CREDIT

取材・文/SANGO 撮影/MELON

RECOMMENDED おすすめの記事