FOLLOW US

UPDATE|2019/05/06

「鞘師さんが卒業した時に気づいた歌の本当の難しさ」モーニング娘。小田さくら

撮影/市村円香

20周年という大きな区切りを超えて、今新たに歩みだした21歳のモーニング娘。’19。加入当初はまだ幼い少女だった10期、11期のメンバーも今やグループの支柱になっている。加入してから味わった挫折、今まで見送ってきた背中、グループへの想い……。11期メンバー、小田さくらに今改めて、その軌跡を振り返ってもらった。



──6年前、デビューした当時の自分についてどう思いますか

小田 最近たまに思うんですけど、歌に関してはある意味で昔の方が上手かった気がするんですよ。

──いきなり衝撃的な告白ですね。どういうことですか?

小田 「上手かった」というのは正確じゃないかな。まぁ当たり前だけど、技術的には今の方が成長していますし。当時は本当に何も分かっていなかったですし。だけど何も分かっていなかったからこそ、歌に迷いがなかった。自分の歌に対して無条件に自信があった。自分が下手だということに気づいていない強みですよ。「私、歌が上手いし。だって歌姫オーディションで受かったんだから」という考え方。もっとも今になると、その「歌姫」という看板が重いなって感じますけど。

──いまだにオーディション時のキャッチを引きずっていますか。

小田 そりゃそうですよ! 「へ〜、新メンバーが入ったんだ」っていうのと「新しく歌姫が入ったんだね」っていうのでは、まるで印象が違うじゃないですか。当時はそんなことも気づかずいたけど、今は歌姫という看板を挙げて入った以上、誰よりも歌が上手くなくちゃいけないなと思っています。

──歌唱力に関しては誰もが小田さんのことを認めているはずです。

小田 私、ハロプロ研修生に9カ月くらいしかいなかったんですよ。新人公演も2回しか出ていないですし。それって今の平均からすると、かなり短い方じゃないですか。だから歌やダンスをみっちり練習したっていう感じではなかったんです。ハロプロってリズムに厳しいから、細かいビートの刻み方をマスターさせられるんですよ。研修期間が少なかったから、そこはモーニング娘。に入ってから相当苦労しましたね。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/市村円香

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事