FOLLOW US

UPDATE|2019/07/17

日向坂46 松田好花&渡邉美穂「感謝の気持ちを絶対に忘れないように」改名からの4カ月を語る

左から渡邉美穂、松田好花 撮影/河野優太

2月にグループ名を「けやき坂46」から改名し、本日17日(水)には2ndシングル『ドレミソラシド』をリリースする日向坂46。中でもメンバーから特に“努力家”と評されるのが2期生の松田好花と渡邉美穂だ。全力でアイドルの坂道を駆け上がり続ける同い年コンビが、改名をきっかけに強く意識したこと、そして新たに見つけた課題とは。


──今回は同い年の松田さんと渡邉さんにお越しいただきました。お2人は普段“同い年”を意識しますか?

松田 う~ん……、普段はあまり意識しないよね?

渡邉 うん、年齢を気にしながら活動をすることがないからね。ただ、このちゃん(松田)の方がしっかりしているとは思います。

松田 ええ~っ!?

渡邉 もちろんふざけるときもあるけど、普通にしっかりしてる! 真面目な部分が多いからいつも「すごいな~」って思っています。

松田 美穂だってしっかりしてるよ~! まぁ私たち2人でいるときはお互いふざけていることが多いけどね(笑)。

渡邉 どちらかがお姉さんでどちらかが妹、みたいな感覚はなくて、友達のような関係です。普通に話しやすいし、やっぱり同い年だからかな?

松田 そうかもね。一緒に出掛けたりもするし。

渡邉 うん。私たちに富田鈴花が加わって、3人で行動することが結構多いです。ご飯を食べに行ったり、遊園地に行ったり。

──例えば3人で遊園地に行くと、どんな役割分担になりますか?

松田 富田はずっと「写真撮ってあげる!」と言って私たち2人をひたすら撮ってくれるので、カメラマン役かな(笑)? でも私たちはどうだろう……?

渡邉 う~ん。3人とも主張が激しくないからねぇ。

松田 確かに率先して「次はあれに乗ろう!」と言う人はいないかも。

渡邉 3人とも“流れ”で自然に行動していますね。

──自然な流れで動けるというのは波長が合っているんでしょうね。

渡邉 そうかもしれません。一緒にいて楽だし、ちょうどいい関係なんだと思います。

CREDIT

取材・文/左藤豊 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事