FOLLOW US

UPDATE|2019/11/11

「やっと世間に認められたのかな」桜エビ~ずがライブスタイルダンジョンでつかんだモノ

(前列左より)茜空、芹澤もあ、川瀬あやめ (後列左より)水春、村星りじゅ、桜井美里 撮影/河野優太

“楽曲派”のファンがこぞって絶賛するアイドル・桜エビ~ず。彼女たちは今年「ライブスタイルダンジョン」という、アイドルがライブパフォーマンスで競い合う対戦型イベントに挑戦した。構成や順番も非常に大事になる今イベントにおいて、第1回大会では優勝、第2回大会では準優勝という結果を残した彼女たちが得たものとは?


インタビューを始める前にまずは「ライブスタイルダンジョン」の説明から。スターダストプロモーションに所属するアイドルグループによって構成されるSTARDUST PLANET(通称スタプラ)。そのスタプラの若手グループがライブパフォーマンスで競い合う新たなステージイベントとして5月24日に第1弾を渋谷ストリームホールで開催。このときは接戦の末、桜エビ~ずが優勝を飾った。10月3日に新宿BLAZEで開催された第2弾は、はちみつロケット、桜エビ~ず、アメフラっシのスタプラ勢に加えて、アップアップガールズ(2)、 monogatariと外部のアイドルグループを迎えた。それぞれのグループが1曲ずつ披露の総当たり戦を行い、審査員が勝敗をジャッジ。最終順位は総獲得ポイント数で決定する。

     *     *     *

──最初に9月22日に開催した新宿BLAZEでのワンマンライブについての感想を聞かせてください。

茜 過去最高のキャパだったので最初からアンコールまで緊張してたんですけど、楽しくパフォーマンスすることができました。

川瀬 この日に向けて頑張ってきたので顔も含めてベストコンディションで臨めました(笑)。新衣装を披露したんですけど、個人的にはずっとアイドルらしい短いスカートをはきたかったので、それが実現したのもうれしかったです。ライブは終始アットホームな雰囲気で、あっという間に終わりました。

水春 アンコールで初めてのホールコンサート(11月16日、日テレらんらんホール)を開催するという発表があって、「桜エビ~ずの進む道はこれから始まる!」と思って気が引き締まりました。

桜井 私は当日の朝起きたら急に声が出なくなって本当に悔しかったです。歌えない分、自分ができることを全力でやろうと、いつも以上にダンスを頑張りました。そしたら、握手会で「いつもより良かったよ」ってファンの方に言ってもらえたんです。なのでホールワンマンではキレキレで踊りながら歌ってリベンジしたいです!

──桜エビ~ずの勢いを感じた1年でしたが、自分たちでもそれを感じますか?

水春 リリイベなどでも初めましてのお客さんが増えているなと感じますね。

芹澤 アイドルファンだけじゃなくて、音楽が好きで来てくださるお客さんが増えました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事