FOLLOW US

UPDATE|2019/11/03

アイドルたちが涙の真っ向勝負「ライブスタイルダンジョン」に見たライブイベントの新たな形

10月3日(木)に新宿BLAZEにて行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」

10月3日(木)新宿BLAZEにてあるアイドルイベントが開催された。「ライブスタイルダンジョン vol.2」。ラッパーたちが1対1でラップバトルする「フリースタイルダンジョン」のアイドル版とも言えるこのイベントは、出演グループが1曲ずつのパフォーマンスでバトルし、勝敗を決める“ガチンコ”イベントだ。



主催はももいろクローバーZ、私立恵比寿中学などが所属する事務所STARDUST PLANET。しかも2回目となる今回は他事務所のグループも参加。その衝撃は、他流派、他格闘技の参加を認めた極真空手のオープントーナメントのようなもの。ヒリヒリ感は1回目よりも増し、会場は他のイベントでは見られないある種、異常とも言える熱気に満ち溢れていた。今回はこのイベントを成り立ちから振り返るとともに、その魅力と可能性を探りたい。

     *     *     *

アイドル同士が熾烈なガチンコバトルを繰り広げるライブイベント「ライブスタイルダンジョン vol.2」が、10月3日(木)に新宿BLAZEで開催された。アメフラっシ、桜エビ〜ず、はちみつロケットというSTARDUST PLANETに所属するグループに、アップアップガールズ(2)、monogatariという他事務所のグループを言わばオープン参加として受け入れた今回のイベント。参加する全5組による総当たりのリーグ戦は、スリリングで終始興奮みなぎる熱戦が繰り広げられた。

そもそも「ライブスタイルダンジョン」はスターダストプロモーションのアイドルセクションSTARDUST PLANETが立ち上げたライブイベント。今年5月24日に第1回が開催され、桜エビ〜ずが大会を制した。桜エビ〜ずのマネージャーであるスターダストプロモーションの藤井ユーイチ氏はこう語る。

「元々うちの部で、東京在住の若手グループを集めて『スタプラ東京』とか、イベントをやっていたんです。そういう中から、『フリースタイルダンジョン』のアイドル版みたいなイベントをやらないかって話が出てきたんです。面白そうだし、桜エビ〜ずもやっと戦えるようなグループになってきたので参加しようってことになりました」

だが、遡ること3年前に「ライブスタイルダンジョン」の源流とも取れるイベントが行われている。2016年1月にさいたまスーパーアリーナで開催された「俺の藤井 2016 in さいたまスーパーアリーナ ~Tynamite!!~」の1日目公演「第1回 ワンデイワールドリーグ戦」がそれだ。

ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボーなどスターダストプロモーションに所属するグループ8組がバトルし、勝利したグループが2日目公演のトリを務めるというものだった。このときは、観客の声援の大きさで勝敗が決められたが、「ライブスタイルダンジョン」では審査員の判定で勝敗が決まるという点が大きく違っている。

「あれ(「俺の藤井」)はあれでよかったけど、どうしてもオーディエンスの声援で決めるとなると曖昧な部分も出てくるじゃないですか。だったらちゃんと識者の人に決めてもらおうってことになったんです。審査員がいる時点でどのグループへの偏りもなくなるので」(同前)

桜エビ〜ず
桜エビ〜ず(10月3日に行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」より)
AUTHOR

土屋 恵介

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事