FOLLOW US

UPDATE|2019/11/03

アイドルたちが涙の真っ向勝負「ライブスタイルダンジョン」に見たライブイベントの新たな形

10月3日(木)に新宿BLAZEにて行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」


また、勝負というフィルターを通すことによって、改めてライブは生ものだというのを痛感させられた。メンバーのコンディションの良し悪しもあれば、グループとして普段の力を出しきれないところもあったかもしれない。逆に、ステージから放たれるパワーがしっかりと届いたときには観客も絶大な反応で返してくれる。こうした絶妙な緊張感が、全10試合のイベントを通じてプラスの方向に向かっていたようにも感じた。

アイドル側は総当たりの4戦となるので、4曲に気合いを込めなければならない。先攻後攻の妙もあれば、どの曲をどの対戦相手にぶつけるのかという選曲の難しさも出てくる。それぞれのグループに切り札的な楽曲があり、それをどんなタイミングで使うのかというのも興味深い。さらには、イベント自体の時間軸というのも存在する。つまり、横軸と縦軸で練られた曲順というのが大事になってくるのだ。これはかなりの頭脳戦のバトルでもある。

スタッフもメンバーも、対戦前からすでに戦いが始まっていたと受け取っていいだろう。また、1曲披露して時間を空けてまたステージに出て戦うのでかなりの集中力も必要となってくる。しかも優勝は獲得ポイントの合計になるので、5-0で勝つのと3-2で勝つのではまた意味合いも変わってくる。「ライブスタイルダンジョン」は、普段の対バンとは全くの別物な空間だ。この戦いの難しさを、ディフェンディングチャンピオンの桜エビの視点から藤井氏に語ってもらった。

「正直、今回、僕の中では負ける要素がゼロだったんですよ。前回は、スタプラ内の戦いだったので、一番アメフラっシを警戒してたんです。なぜなら、歌とダンスに関してはうまいのはわかってたから。でも前回の対戦で勝てたので、アメフラを警戒するところまで自分の考えが及んでなかったんです。それよりも、外部のチームが気になってましたね。monogatariは歌も踊りもうまい、アプガ(2)も鍛えてるだろうとかそっちを警戒して、曲の当て方も考えたんです。あと、バチバチのセトリだと前回と同じになっちゃうので、今回2曲変えて新曲2つを入れたんです。でも、新曲のパフォーマンスがまだ追いついてなかったんですよね。それでも勝てるだろうって思ったのは、僕の慢心ですね(笑)。あと僕、誰に対してどの曲をぶつけるかって切り口しか考えてなくて、順番を気にしてなかったのもまずかったなと。アメフラっシとの対戦でうちが負けて潮目が変わっちゃって思いました。でも、それがイベントとしては逆に面白いなと思っちゃいましたね」

ハードなデッドヒートを征し、「ライブスタイルダンジョン vol.2」で見事優勝を勝ち取ったのはアメフラっシ。確かに、彼女たちのパフォーマンスの気迫、1戦ごとに自信をつけて観客を魅了していく姿は神々しさすら感じ取れるほどだった。
はちロケ
はちみつロケット(10月3日に行われた「ライブスタイルダンジョン vol.2」より)
AUTHOR

土屋 恵介

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事