FOLLOW US

UPDATE|2020/02/26

ネクストブレイク最右翼! 生牡蠣いもこが“キャラが渋滞している”神激メンバーを他己紹介

神使轟く、激情の如く。 生牡蠣いもこ 撮影/平松大輔

アイドルとは思えぬ超個性派な楽曲で、アイドルファン以外からも支持を集める「神使轟く、激情の如く。」(しんしとどろく、げきじょうのごとく。)通称・神激(しんげき)。9月22日には豊洲PITでの単独公演を控えており、ネクストブレイクの最右翼として注目度が高まっている。


7人のメンバーはその楽曲に負けず劣らず超個性派揃い。だが、彼女たちはライブのMCでも自己紹介を一切しないことでも知られる。そこでそれぞれのメンバーの個性を探るべく、グループの楽曲の歌詞のほとんどを手掛ける生牡蠣いもこ(イクッがき いもこ)に各メンバーを紹介してもらった。

     *     *     *

──まず神激はどんなグループですか?

生牡蠣 一言で表すとめちゃくちゃ熱いです。でも熱いグループはどこにでもありますよね(笑)。アイドルって可愛らしく歌うイメージが強いと思うんですけど、私達はそういう概念に囚われず、曲中にテンポアップしたり、曲調を変えたりします。あとは、常に曲が流れている状態でMCをするのでライブ感があります。アイドルのMCでは自己紹介をすることが多いと思うんですけど、私たちは一切しないんです。全員で喋ることも基本的になくて、一人が前に出てそれぞれの想いを語るっていて、それが味になっているのかなと思います。

──普段のMCでは自己紹介をしないという話ですので、この機会に、生牡蠣さんから各メンバーを紹介していただければと思います。まずは、紫カラー担当の涙染あまね(るいせん あまね)さんから。

あまね

生牡蠣 あまねは本当に語彙力がなくて、普段、話が通じないこともあります。でも天然というわけではないんです。ライブになるとものすごく流暢に日本語を話すんですよ。私生活も謎が多くて、かばんを持たずに、財布を入れたゴミ袋を持ち歩いています。それを間違えて捨てちゃったりするんです(笑)。家の鍵もどこかに置いてきますし。

──お一人目からなかなかのキャラですね(笑)。“酔っ払いレッド”担当の二日よいこ(ふつか よいこ)はどんな方ですか?

よいこ

生牡蠣 めちゃめちゃ頭が良いんですけど、ポンコツです。「財布なくなった!」って大騒ぎしたあとに、カバンの中に入っていましたーみたいなポンコツさです。すごくハッピーで陽キャ。誰とでも仲良くなれるタイプだと思います。普段はおっとりしているんですけど、ライブになるとカッコよくて、ラップパートでは滑舌が良くなります。神激はラップがメインなんですが、新メンバーとして、よいことTiNAが入ってきてくれて、だいぶ雰囲気が変わりました。今までできなかったフローが、よいこのおかげでできるようになりましたし、よいこに合わせたラップも作れるようになりました。
AUTHOR

鳥羽 竜世

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事