FOLLOW US

UPDATE|2020/03/28

「この仕事、私に向いているの?」女優・高橋ひかるが葛藤の先に見たもの

高橋ひかる 撮影/松山勇樹


──昨年10月から約3ヶ月、体調不良で休業されていました。この間は相当思い悩まれたかと思います。

高橋 そうですね。休業直前頃は、今まで以上に体調のバランスを取るのが難しくなっていて「この仕事、私に向いているのか?」と真剣に悩んでいたんですね。それを見ていた母から「勉強して、別の仕事に就きなさい」と忠告されたんですよ。そこで一度見直すためにお休みをいただきました。お休みしている間は毎日、毎日「これから私はどうしよう」と考えていました。けど、どれだけ別の道を考えたとしても、結局は「この世界で色んな方と出会い、色んな世界を見てみたい」という気持ちが勝って。チャンスがある限りは頑張りたい。何より家族やスタッフさん、ファンの方たちに支えてもらいながらの約6年を無駄にできない、ここまで来たからには結果が出るまで頑張りたいと思い、母の反対を押し切りこの世界で頑張り続けようと決心しました。

──休業明け以降は、より今まで以上に精力的な姿を拝見する機会が増えた気がします。

高橋 そうですね。前よりさらに素を出すようになりました。普段の私って、すごくリアクションがデカいんですよ。何かあると「おぉ~っ!!」みたいな。それが今までは恥ずかしかったし、出したら引かれるんじゃないかと思い、関西弁同様封印していたんですね。けど、今までの人生で自分を隠して良かったことが何一つなかったんですよ。それなら、自分らしくあって、嫌われてもいいから、素の私を好きでいてくださる方のために頑張ろう! もう覚悟を決めたんだし、自分を偽るのはヤメた! って(笑)。自分を解放してからは、もうどのお仕事の現場でも元気に楽しく臨めています。

──現在、女優、モデル、タレントと、幅広く活動されていらっしゃいますが、この先は、より幅を広げ続けていきたいですか? それとも何か一つを求道的に進みたい?

高橋 難しい質問ですね……。とにかく今は色んなことに挑戦して、全てを学びたいと思っています。どの仕事も素晴らしいんですよね。お芝居も大好きだし、モデルの仕事にもすごく魅力を感じていますので。ただ、その中でも一つ深められるものを作っていきたいなとは思っています。一つ、追いかけていきたいという大きな目標があるんです。初めて出演させていただいた映画『人生の約束』の石橋冠監督から「高橋さんは“心で演じる女優”になってほしい」とおっしゃっていただいて。その「心で演じる女優」を私は目指したいんです。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事