FOLLOW US

UPDATE|2020/07/30

舞台「鬼滅の刃」で注目、高石あかりインタビュー「『私は女優になる人間なんだ』と思い込んでいました(笑)」

高石あかり 撮影/荻原大志



──いろいろな職業がある中、なぜ「女優」だったんでしょう?

高石 例えば小学生の頃、家で1人のときにテレビから流れてくるセリフを真似して遊んでいたんです。あと、1人で突然泣いてみたり、怒ってみたり。別に演技の練習をしているつもりは一切なく、ただそれをすることが楽しかったんですよね。

──その「楽しいこと」をお仕事にできたらいいな、と?

高石 はい。「演じることが楽しい」、だから「女優さんになりたい」と思って。今でも家で1人で演じて遊んでいますよ。昨日もお風呂上がりに「今私の大切な人が死んだら、自分はどう振る舞うのかな」ってすごく真剣に考えたり。

──シリアスなお題ですね……。でもそれを普段からしていると、演技のお仕事でとても役立つのでは?

高石 そうですね。あと、普段の生活の中でもうれしい気持ちになったり悲しい気持ちになったときは、そこでの自分の感情や行動を細かくメモするようにしています。そしてお芝居で似たようなシチュエーションを演じることになったときに、そのメモを見返して参考にしています。

──なるほど。そして高石さんは今、幼い頃から「なる!」と言っていた女優という立場になりましたが。

高石 本当に幸せです! でもまだ知名度があるわけではないので、今後もっともっと頑張っていきたいなと闘志を燃やしています!

>>(2)「禰豆子ちゃんを届けるためにはどうすればいいか、すごく研究しました」はこちら


▽高石あかり
2002年12月19日生まれ。宮崎県出身。ダンス&ボーカルグループ・α-X’s(アクロス)に所属後、2019年に女優として本格活動。舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3~」「鬼滅の刃」など話題作に出演し、その才能を開花させている。
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事