FOLLOW US

UPDATE|2020/09/13

ヒロシが語るソロキャンプの魅力「キャンプが人生を変えてくれた」

ヒロシ

ソロキャンプがブームとなっている。その火付け役として脚光を浴びているのがヒロシだ。15年に開設したYouTubeチャンネルではソロキャンプの様子を配信し、登録者数は90万人(8月末現在)を突破。8月6日に上梓した最新著書『ヒロシのソロキャンプ~自分で見つけるキャンプの流儀~』(学研プラス)は発売から話題を呼びすぐに重版が決定。キャンプによって自分の世界全てが変わったという彼に、ソロキャンプの魅力を聞いた。(前後編の後編)

※インタビュー前編「自由に遊べばいい、自由さが醍醐味なんです」はこちらから

【写真】愛用する道具を手にソロキャンプの醍醐味を語るヒロシ

──うしろシティの阿諏訪さんとの出会いがソロキャンプを始めるきっかけとのことでしたが、どういう経緯だったのですか?

ヒロシ 初ソロキャンプ以降もグループキャンプを続けていたんですけど、もうほとほと嫌!という経験をしてね。そのキャンプの次の日ぐらいだったかな、とある営業先でうしろシティと一緒になって。正直テレビでは見たことはあったのですが話したこともなく、なんなら阿諏訪くんはオシャレでカッコいいからメチャクチャ女性にモテて、最初はキライだったんですよ。ただの嫉妬ですね。確か喫煙所で他の人とキャンプの話をしていたら、阿諏訪くんが「キャンプ、好きなんですか?」と話しかけてくれて、そこからキャンプの話で盛り上がったんですよ。最初は「オシャレなキャンプをするんだろうな」と勝手に思っていたら、彼も一人の自由さが好きでグループキャンプが辛いという僕に似た考えを持っていると知って。話しこむうちに、それなら二人でソロキャンプをしてみようと、その三日後に一緒にソロキャンプに行きました。

──人見知りのヒロシさんが、初対面でそこまで意気投合するって奇跡的な出会いですね。

ヒロシ 本当に。いくらキャンプ好きとはいえ、初対面の人と一泊するって人見知りの僕としては相当ハードルが高かったはずなんですよ。しかも、グループキャンプの嫌さが身に染みていたのにね……。阿諏訪くんには何か感じたんでしょうね。またそのソロキャンプがね、自分だけの道具を用意して、別々で食事、別々の遊び方をやって、自分だけの焚き火ができて……最高に楽しかったんですよ。阿諏訪くんとの出会いが僕のソロキャンプ熱に火をつけてくれたんですよ。
AUTHOR

田口 俊輔

CREDIT

取材・文/田口俊輔 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事