FOLLOW US

UPDATE|2021/02/26

『ザ・ノンフィクション』神回・アイドルレスラー中野たむが武道館で“女の命”をかける理由

中野たむ 写真提供/スターダム

スターダムのレスラー・中野たむが、3月3日に日本武道館で開催される『レック Presentsスターダム10周年記念 ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA』のメインイベント、白いベルトことワンダー・オブ・スターダム王座と互いの髪をかけて闘う「髪切りデスマッチ」に挑戦する。元々は“肩もみ”アイドルとして『ザ・ノンフィクション』にも取り上げられた中野たむが、レスラーとなり武道館の主役となる。アイドルからレスラーへの道へと進んだ彼女に、日本武道館でのタイトルマッチにこだわる理由を聞いた。(前後編の後編)

【写真】アイドルレスラー中野たむのキュートなコスチューム姿&私服カット【10点】

「プロレスをまったく知らないままリングに上がってしまった」というアイドルレスラー・中野たむ。

いつしか会場物販などで接するファンから『たむちゃん、いつか絶対にシングルのベルトを獲ろうね!』と声をかけられることが増えた、という。普通、プロレスラーになろうと考える人はチャンピオンベルトを大きな目標として掲げるものだが、プロレスを知らなかった彼女には、そういう価値観がなかった。それでも、たくさんのファンから「ベルト」という言葉をかけられるうちに、それがファンと一緒に目指すべきものだ、ということに気づく。

「アイドルもそうだったんですけど、プロレスラーもファンの方が夢を託してくれる存在なんですよね。最初はベルトの価値とかもよくわかっていなかったんですけど、ファンのみなさんの夢を叶えて、声援に応えるにはベルトを巻くことが大事なんだなって。

私、アイドルのときにいろんなことをあきらめてきたんですけど、ある日、気がついたんですよ。それって自分が夢をあきらめているだけじゃなくて、私を応援してくれているファンのみなさんの夢もあきらめさせているんだって。だから、プロレスラーになってからは夢をあきらめなくなりました」

ファンとの約束を守るために、過酷なルールに挑む。

ファンから預かった夢を、自分の手で壊すことなどできない。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事