FOLLOW US

UPDATE|2021/03/08

#2i2 十味が語る学生時代「オタクは私のアイデンティティ、オタクでよかった」

十味

ゼロイチファミリア発の5人組アイドルグループ#2i2(ニーニ)。デビュー前から『ヤングジャンプ』の誌面ジャックが決定するなど、大きな注目を集めている。アーティスト応援コミュニティサービス「CHEERZ」と組んだキャンペーンでは、#2i2がアイドル1年生ということで、「新入生」をテーマに制服姿のブロマイドを制作。ENTAME nextでは、そのブロマイドの制服姿の5人を直撃。「学生時代どんな少女だったか」をテーマの話を聞いた。5回目は、数多の雑誌の表紙を飾るなど個人での活動も著しい十味のインタビューをお送りする。(前後編の後編)

【写真】ギャル系から清楚、文化系から体育会系まで…#2i2メンバー5人の制服カット【8点】

      *      *      *

――学生時代、いちばん思い出に残っている青春エピソードはありますか?

十味 青春エピソードですか? 高校3年生の文化祭に大寝坊したことですかね(笑)。文化祭ステージがあって、私はダンスが得意だったので、劇の主役に選ばれていたんですよ。そのステージの順番がまさかの一番目だったんですけど、当日起きたのが9時で、片道2時間かかるので完全に遅刻じゃないですか。家から駅までと駅から学校までの歩く距離が長かったので、徒歩区間だけ人生初のタクシーを使いました。めっちゃ焦りましたけど、何とかステージには間に合ったのでよかったです。でも、みんながおしゃれにおめかししているなか、私は寝癖も直さず、衣装だけ着替えてステージに出たんですよ。これまで、寝坊したことはなかったのに、何でこの日に限って寝坊しちゃったんだろう。

――青春エピソードを聞いて、そんな話が出てくるとは思いませんでした(笑)。

十味 文化祭のために必死に頑張った感じが青春っぽくないですか? 当日は遅刻しちゃったけど、クラスメイトにダンスを教えたり、準備も頑張ったんですよ。陰キャなので、文化祭になると頼られるのが嬉しかったです。

――学生時代ならではの思い出ですね。ちなみに、委員長などの役職についた経験はありますか?

十味 中学生のときに副学級長をやったことがありますけど、そんなに大した仕事はしていないですよ。クラスの決め事をするときに黒板を書いたり、議事録を取ったり、体育祭や文化祭の企画を考えたりって感じです。あと、役職ではないんですけど、加湿器の水換えは積極的にやっていましたね。気付いた人がやらないといけなかったので。

――学生時代から、周りのことに気づける人だったんですね。

十味 小学校では、大きなストーブの上にたらいを置いて、そのなかに水を入れて加湿器代わりにしていたんですが、たらいから水がなくなるギリギリに水を足すっていう変なこだわりがありました。水を入れると、しゅ〜って音が鳴るのが楽しかったんですよね。でも水が減っていると、気づいた誰かが補充しちゃうので、誰かに水を足されるギリギリまで粘って、どこで水を入れに行くかっていうハラハラを楽しんでいました(笑)。
AUTHOR

とり


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事