FOLLOW US

UPDATE|2021/04/10

歌うコスプレイヤー・倉坂くるる 私服インタビュー「昔はすっごいギャルだったんです」

倉坂くるる 撮影/松山勇樹

「歌うコスプレイヤー」として、コスプレだけなく、歌手、声優としても活動している倉坂くるる。自己プロデュース力が高く、多彩な才能で、この他にもYouTubeや自主企画イベント開催などマルチに活躍している彼女だが、一体どんなきっかけでコスプレをはじめたのか? そのルーツを聞いた。
(前後編の後編)

【写真10点】「紆余曲折の結果今は可愛い系になりました(笑)」倉坂くるるの私服ショット

――今まで活動してきた中で、倉坂さんにとって特に印象深いコスプレや転機になったコスプレはありますか?

倉坂 結構前になるんですけど、『スマイルプリキュア!』のキュアピースというキャラクターのコスプレをしたときですね。国際展示場駅のTFTビルで開催されていたイベントに、「誰か撮ってくれるかな? 友達ができたらいいな~」くらいの気持ちでソロ参戦したら、ズラッと並んでもらえて! 私にとって初めて長い列ができてたくさんの人に見てもらえたのがそのキュアピースで、これをきっかけに人脈も広がったので、まさに転機だったと思います。初めて海外のイベントに参加したときもこの衣装を着ました。

――初めて長い列ができたときは驚いたのでは?

倉坂 「えっ!?」って思いましたね。でもすごくうれしかったです。そもそも私、根っからの目立ちたがり屋なので(笑)。

――目立ちたがり屋なんですね。それは子どもの頃から?

倉坂 ピアノやバレエを習っていて、おめかしして人前で何かを披露するのは小さな頃から好きでした。あと、小学3年生くらいのときに子ども会のハロウィンパーティで集まったとき、私だけガチの仮装をしていったこともあって! だからコスプレ好きのルーツはその頃の体験なのかなって思います。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事