FOLLOW US

UPDATE|2019/09/09

ラストアイドル、史上最高難度ダンスを語る(前編)「泣きながらマネージャーに中止を求めたことも」

左から町田穂花(2期生)、池松愛理(Good Tearsリーダー)、阿部菜々実(Laluce)、長月翠(Laluce、シュークリームロケッツ兼任)、奥村優希(2期生アンダー) 撮影/石塚雅人


──今回のダンス特訓を通じて、一番変わったと思うメンバーは?

阿部 ……う~ん、これは答えに悩むなぁ。

長月 私は即決! 一番変わったのは、ズバリ安田愛里です!

──それは髪を切ったからではなくて?

長月 その印象も若干あるかもしれませんけど(笑)。愛里ちゃんは最初にCグループにされたことで、すごくへこんでいたんです。「みーちゃん、愛里は無理だ。今回のやつは本当にダメ。頑張れないよ」みたいなことをずっと言っていて。私も「そんなこと言わないで。私もBからAに上がれるように頑張るからさ」って励ましたんですけどね。愛里ちゃんって大人なのにイヤイヤ期みたいになることがあるんです。何に対しても「イヤ! イヤ!」って感じで、一切言うことを聞かなくって……。だけど私は同じLaLuceの一員として、なんとかそこから抜け出してほしかった。団体行動のときも途中でくじけそうになっていたけど、なんとか本人が頑張り、最終的には監督にも認めてもらえましたしね。

──安田さん自身はダンスに苦手意識が強い?

長月 そうなんです。だけど私は、そんなふうに一切思っていなくて。ずっと近くで見ているから、本領発揮した愛里ちゃんは本当にすごいんだということを知っているんですよ。今回、愛里ちゃんはメンタルが大きく変わったなと思います。

奥村 安田さんは本当にすごい人だって私も思いました。私たち2期生アンダーとか2期生からすると、安田さんを含めた1期生さんって「練習しなくても、すぐダンスができちゃう人たち」という認識だったんです。ところが最初のオーディションで棒立ち状態のなっている安田さんを見て、自分の考えが甘かったことを知りました。

池松 どういうこと?

奥村 いつもキレキレで踊っている1期生さんたちだけど、その裏では血の滲むような努力をしてきたんだなって……。それを考えると、2期生アンダーの私はもっともっと努力しなくちゃいけないと思いましたし。
AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事