FOLLOW US

UPDATE|2020/01/26

NMB48梅山恋和、初のソロコンサートで魅せた可愛すぎるパフォーマンス、堂々の“センター宣言”も

25日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた梅山恋和のソロコンサート (C)NMB48

AKB48グループによる年始の恒例となっているライブ「AKB48グループ 2020TDC ライブ祭り」。18日(土)から9日間にわたってTOKYO DOME CITY HALLにて全17公演が開催されている。8日目の25日(土)昼には、NMB48の梅山恋和(うめやまここな)がソロコンサートを開催した。



overtureが流れる中、幼少期から現在までの写真がビジョンに映し出されてライブがスタート。“ココナ!ココナ! 餅もってこい!”という祭り囃子が聴こえた後、梅山がステージに姿を現すと会場は大きな歓声に包まれた。

1曲目は「わるきー」。和風衣装の梅山の手には餅をつく杵。この日のライブタイトル「~笑梅繁盛で餅もって恋!~」にちなんだものだが、いきなり杵と臼が用意されているところも、餅が大好きな梅山らしい演出となっている。

杵を持った梅山が「重たくて餅つきできない!」と助けを求めると、こちらも杵と臼と切り離せないお笑いコンビ“クールポコ”のせんちゃんと小野まじめが登場。会場が沸く中、梅山も「皆さん、お餅は好きですか? お餅と恋和、どっちが好きですか? もちろん一番好きなのは恋和ですよね!」とさらに盛り上げていく。

2曲目「HA!」の後、クールポコのふたりは梅山に「お餅、できましたか?」と聞かれ、「すみません! ライブ楽しみすぎちゃいまして餅つくの忘れちゃいました」と謝り、「なぁにぃ! やっちまったな!!」とお馴染みのセリフを披露。次の「ワロタピーポー」で梅山は、「このお餅をプレゼントしたいと思います」と、トロッコに乗ってアリーナを一周しながら客席に向けてお餅を投げ込んだ。
梅山恋和

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事