FOLLOW US

UPDATE|2019/02/27

「デビューも卒業もゴールじゃない」宮本佳林にアイドルの極意を聞く【浅倉樹々 小野田紗栞】

小野田紗栞 宮本佳林 浅倉樹々



浅倉 私からも質問です。今の話を聞いていても思ったんですけど、宮本さんって何事にも全力投球じゃないですか。……いつもそんな感じだと、疲れないんですか?

──いい質問(笑)。そこはファンも気になっているはずです。

宮本 小さい頃からずっとアイドルになりたかったから、これが当たり前というか……大変だという気持ちはないかな。あとは性格の問題もあると思う。私、脳に空白の瞬間があるのが耐えられないのね。ボーッとするときも、「今からボーッとするぞ」って決めないとできないし。1週間の予定をガチガチに埋めていかないと気が済まないタイプなので。

──宮本さんってDTMで作曲したり、キックボクシングで体型管理したり、やることが全部アイドル活動に繋がっているじゃないですか。

宮本 だから時間がいくらあっても足りないんですよね。やるべきことが多すぎて。自分が好きでやっていることなんですけど。

浅倉 事実上、オフの日がないってことかもしれないですね。

小野田 凄すぎる……。つばきには、宮本さんみたいにストイックなメンバーは1人もいないですね……。

浅倉 さっき、卒業の話が出たじゃないですか。Juice=Juiceさんは、この2年くらいで新しいメンバーが入ったり卒業が発表されたりしましたよね。つばきは今まで卒業したメンバーがいないんですけど、私も卒業したあとのことをなんとなく考えることはあるんです。だけど全然考えられなくて……。

宮本 歌、ダンス、トーク、お芝居……アイドルってオールマイティーさが求められるお仕事だけど、卒業したら「何でも器用にこなせる」という部分はそれほど必要なくなると思うのね。むしろプロとして、何か1つのジャンルを高いレベルでこなすことが大事になるはずで。そこで何をセレクトするかっていうのは、それこそ人によって違うと思うんだけど。今はそれが何か分からなくても、別にいいんじゃないかと思う。ただ、先のことを考えようとするのは大事かもしれないね。

CREDIT

撮影/高橋定敬 取材・文/小野田衛

RECOMMENDED おすすめの記事