FOLLOW US

UPDATE|2019/07/18

佐々木彩夏、ももクロ加入から11年「最近、改めて『アイドル』について気づいたこと」

『OVERTURE』019号より PHOTOGRAPHER/KENTARO MIYAZAKI


──ある意味、アイドルとして10代で消費されなかったからこそできることですよね。

彩夏 ももクロって、最初、話題になるきっかけになったのが「アイドルらしくないアイドルが出てきた」みたいな感じで注目していただいた部分があったじゃないですか? そんな中で私が「ももクロのアイドル」って自己紹介して、えっ、ももクロってアイドルじゃないの?みたいなことを言われたりしてね。そんな私が23歳にもなって、10代の若いアイドルがたくさんいる中に、私が(ももクロから)1人で切りこんでいくっていう(苦笑)。でも、アイドルちゃんたちの中に入っていくのは、すごく楽しいです!

──ちょっと夢のある話ですよね。

彩夏 さっき、アイドルは一発逆転があり得る世界だって言いましたけど、こうやってね、あきらめなければ、いつかはやりたいことができるんだよって、若いアイドルちゃんたちの希望になったらいいですよね。このあいだ『JAPAN JAM』っていうロックフェスに出させていただいたんですけど、そういう大きなステージに立つと、やっぱり「アイドル」って肩書きが注目される。本当に大事なんだなって、改めて思いましたね。私たちにとって「アイドル」っていう肩書は。その『JAPAN JAM』がきっかけでももクロに興味を持ってくれた人が結構いたみたいで、12年目に入っても、まだまだやれること、できることってたくさんあるんだなって、ひしひしと感じています。

──先日はコスメブランド「M・A・C」とのコラボし、全員が大人っぽいメイクをしたビジュアルが公開されて大きな話題になりました。

彩夏 私、気になったからポスターが貼ってあるお店を遠目から覗きにいったもん、アハハハ! でもね、そういう活動をさせていたたいたりして「あーっ、私、ももクロでよかった~!」と最近、あらためて思いましたね。もし他のアイドルグループに入っていたら、2列目の端っことかで埋もれていたかもしれない。そんな私の個性を認めてくれて、グループでも、ソロでも、こんなにいろんなことができる。本当にももクロでよかったぁ~!


OVERTURE
▽OVERTURE No.019 発売中
発行元:株式会社 徳間書店
定価:本体1,000円+税

OVERTUREオフィシャルHP http://overture-mag.com/
OVERTUREオフィシャルTwitter @OVERTURE_mag
CREDIT

取材・文/小島和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事