FOLLOW US

UPDATE|2019/12/29

わーすた 結成5年目“本気”の挑戦「集客力が試される場、動員ノルマを達成できなければダサいと思った」

左から松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、坂元葉月、小玉梨々華 撮影/荻原大志

国内外問わず“KAWAII”を発信し続けるわーすたは、結成5年目を迎える今年、自身にとって大きな壁に挑んだ。「平日のフリーライブで1500人集客する」。その大きすぎる壁は、むしろ本人たちに熱い火を灯し、ノルマの倍以上の集客を持って幕を閉じた。今回はそんな彼女たちにとって、大きなターニングポイントになったフリーライブの裏側を語る。


──初の野外フリーライブ「わーすた x NEKONOTEBAND FREE LIVE 〜ゆうめいに、にゃる!!!!!〜」の開催が決まったときは、どんな気持ちでしたか?

三品 ずっと、やってみたかったことだったのでうれしかったですね。

廣川 メンバー全員がやりたいと思っていたんですけど、ちょうど4周年ライブが終わったタイミング(今年3月31日)でお話を聞いて、目に見えて集客力が分かるし、これは本気を出さなきゃってプレッシャーはありました。

──フルバンドで、過去にも共演経験のあるNEKONOTEBANDがバックを務めました。生バンドでパフォーマンスするのはいかがですか?

坂元 最初から最後までバンドの音でライブするのは不安でした。ただリハーサルを重ねていくうちに、バンドサウンドの方が1個1個の音が聴こえるので、リズムが取りやすくて踊りやすかったです。いつも以上にテンションも上がりますしね。

松田 バンドでやることで改めてわーすたの曲はいいなって客観的に思えたし、オケで歌うのとは違う楽しさがあるんですよね。

──バンドメンバーからの指示はあったんですか?

廣川 なかったですね。今回のバンマス兼キーボードの岸田勇気さんは、以前から私たちの音楽に携わってくれている方で、プロデュースもしてくれているので、質問すると、いろんなアドバイスをしてくれました。

三品 岸田さんとドラムのむらたたむさんは2017年4月にZepp DiverCityでフルバンドのワンマンライブをやったときにも共演させて頂いて、ギターのきこりさんとベースのtmswさんは今回が初めてでした。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事