FOLLOW US

UPDATE|2021/04/02

武道館で王座陥落、丸刈りに…スターダム・ジュリアに聞いた、令和になぜ「髪切りマッチ」?

ジュリア 写真提供/スターダム

3月3日に日本武道館で開催された、女子プロレス・スターダムの10周年記念興行「ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA」。そのメインイベントで、スターダムの“美しき狂気”ジュリアが、“宇宙一かわいいアイドルレスラー”中野たむと、自身の髪の毛を賭けた「敗者髪切りマッチ」を行い話題になった。しかし令和時代の今、なぜ「髪切り」なのか? 惜しくも敗者となり、丸刈りになったジュリアに話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】武道館で髪切りマッチに敗れ、リング上で丸刈りになった“美しき狂気”ジュリア

女子プロレスとして24年ぶりに開催されたスターダムの3・3日本武道館大会は大成功のうちに幕を閉じた。

しかし、開催直前までネット上では賛否両論が飛び交った。それはメインイベントに組まれた『髪切りマッチ』について。負けた方がリング上で髪の毛を切られる、というルールに「令和の時代に、なんで昭和テイストなことをやるのか?」という批判の声が高まっただけでなく、この試合にかけられた「白いベルト」ことワンダー・オブ・スターダム王座が、これまで団体内の序列では「赤いベルト」と呼ばれるワールド・オブ・スターダム王座よりも下と見られていたことで「なぜ白いベルトがメインなのか?」という疑問の声がマニアのあいだで広まっていった。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事