FOLLOW US

UPDATE|2019/06/28

欅坂46 齋藤冬優花&佐藤詩織「次に何が待ち受けている分からないからこそ楽しい」

左から佐藤詩織、齋藤冬優花 撮影/河野優太


──では、そんな日本を代表する会場で実際にライブをした感想を教えてください。

齋藤 最後まで全員で出られるといいなと願っていたんですけど、実際にやってみて体力的にも精神的にも強くなったのかなと感じることも多くて。特に自分がうれしかったのは、スタッフさんに「曲の中でペース配分をちゃんと考えてやってね」と言われた中で、「本気なのでどこでそうしたらいいか分からない」って言うメンバーが多かったこと。それって、みんなが曲を大事にしている証なのかなと思って。そういう言葉を聞けてうれしかったですし、自分も「みんなが頑張っているからもっと頑張ろう」って思えました。

佐藤 でも私は、通し稽古のときに自分の体力がなさすぎるって感じました(苦笑)。そのときはレッスン着で、水も普通に飲める状況なのに結構つらくて。だけど、二期生の子たちは大阪公演が終わったあとにおもてなし会をやっていて、それが終わってこっちに来て、すごく疲れているはずなのに一生懸命やっている。その姿を見て「自分もやらなくちゃ!」って感化されたので、すごくありがたかったです。

──二期生の存在はかなり大きそうですね。

齋藤 そうですね、だいぶ変わったかなと思います。だんだんと卒業生が増えて、パフォーマンスする人数も減っていき、最初は自分たちだけで何とか頑張るぞと思っていたんですけど、それにも限界があって。人数が減ってしまったことで、最初に表現していたものがだんだん伝わりにくくなってしまっていたのかもしれないです。そこに二期生が加わったことで作品がちゃんと伝わる人数に増えたんです。やっぱりパフォーマンスは人数が多ければ多いほどいろんなことに挑戦ができるし、やれることの幅も広がるので完成度が高くなると思いました。それに二期生一人ひとりがすごく強い思いを持っているので、一緒に踊っていて刺激を受けることも多いんです。リハーサルの休憩中も一生懸命練習をしている姿とか。

佐藤 あと、癒しの存在でもあるんです。本番が終わると、疲れを残さないためにアイスバスに足を入れているんですけど、それに武元(唯衣)ちゃんも付き合ってくれて。そのときもキャピキャピというか、すごく元気だし明るいし癒されるんですよ。

齋藤 うん。癒しだよね、二期生は。本当に可愛い(笑)。
CREDIT

取材・文/西廣智一 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事